はたけ のブログ

ゆっくり生きよう。

元禄時代の下級武士が書いた日記 「鸚鵡籠中記」。

坂本竜馬や勝海舟などの凄い人たちの、勇気をもらえる話も僕は好きなんですけど、一番読みたいと思ってたのが、昔の人でも市井の人が書いた日記。そういう本がないものか、と思ってました。そうしたら、こういう本がありました。 朝日文左衛門『鸚鵡篭中記』…

お金について、誰も教えてくれなかった。

インベスターZ(1)作者: 三田紀房出版社/メーカー: コルク発売日: 2013/09/20メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 日常生活を送っていくのに、お金が自分達に関わる時間は、結構なものだと思う。漫画を買うとき、映画に行くとき、ゲームを買うとき…

救いのヒーロー

この世に適合していないために、自分がやっていることが全て申し訳ないような気がしてならないときがある。 仕事をしているときには、要領が悪すぎるとき。 ほかの人と話すときは、上手く会話の輪に入れないときや話を盛り上げられないとき。 まだたくさんあ…

札幌弘栄堂書店札幌駅東店 閉店

結構、突然でした。 ここの店舗は札幌駅を訪れるときは、必ず行くところだったので、 寂しい限りです。 3/30に行ったときの写真です。 明かりがついています。 みると、中で社員と思われる方達が片づけをされていました。 弘栄堂書店はポップに力を入れてい…

イオンモール旭川駅前にある本屋

3月27日にオープンしたばかりのイオンモール。 本屋も入ってるはずなので、先日初めて行ってきました。 イオンモールは、ほんとに広いので一日ではまわりきれないぐらい店舗数なんで、 店ありすぎて嫌だなーと思っていたのですが、 よく考えたら、僕にとっ…

読んでいる本

関口良雄さんを憶う 作者: 岩波蔵松,尾崎一雄,上林暁,山高登,他 出版社/メーカー: 夏葉社 発売日: 2011/02/19 メディア: 単行本 クリック: 21回 この商品を含むブログ (3件) を見る 関口良雄さんは、東京の大森という場所で古書店・山王書房を営んでいた方で…

「歴史」の考え方。

すばる2015年2月号 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2015/01/06 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (6件) を見る この中の小林秀雄の「歴史に就いて」という講演原稿が面白かったので、メモしておく。 ・「歴史」とは、二度と繰り返すことができない。 …

羽田空港第二ターミナルにある本屋

結構広いので、何箇所かあるのかと思って案内板みたいなので探しても、田辺書店しかありませんでした。第二ターミナルは、田辺書店の独占ということですか。 第二ターミナルにおいて本に関する問題が発生した場合、まず第一報は田辺書店に入るのでしょう。そ…

村田沙耶香「マウス」

マウス (講談社文庫) 作者: 村田沙耶香 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2011/03/15 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る マウス (講談社文庫) 作者: 村田沙耶香 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/04/11 メディア: Kindle版 この商品を…

最近読んだ本

ミシマ社という小さな出版社を始めた三島邦弘さんが書かれた著書。がやっていることって、カッコつけた言い方をすると 「小さな声に光を当てる」 ことのような気がします。 そういうことは、大衆受けはしないのかもしれないけれど、その分、温かいものがミシ…

今日から冒険に出かけるとする。

「エルマーのぼうけん」を読み始める。つまり、今日からエルマーとのワクワク・ドキドキの冒険がはじまるのだ。その冒険は、自分の家ではなく、本屋という気分だったので、明日から本屋において、エルマーとの旅が行われることになる。つまり、立ち読みであ…

又吉さんと夏葉社・島田さん。

このエピソード、有名なのでしょうか。本好きの方だと知っているかもしれない。この又吉さんというのは、お笑い芸人・ピースの又吉さん。あるラジオ番組で、又吉さんがおすすめの本として「昔日の客」という本を紹介したんです。で、この本を出版している「…

「フルサトをつくる」を読んで。

フルサトをつくる: 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方 [単行本(ソフトカバー)]伊藤 洋志東京書籍2014-04-28-----------------------------------------------------こきょう【故郷/古郷】の意味: 生まれ育った土地。ふるさと。郷里。「―へ帰る」「…

「あるがままに自閉症です」

あるがままに自閉症です ~東田直樹の見つめる世界~ [単行本]東田直樹エスコアール2013-12-21自閉症で作家の東田直樹氏の最新刊。こうやって本が出せるようになってきてはいるけれど、まだまだ「自閉症」は、一般のひとから距離を置かれている病気だと思う。…

本・「人口減少社会という希望」

人口減少社会という希望 コミュニティ経済の生成と地球倫理 (朝日選書) [単行本]広井良典朝日新聞出版2013-04-10ジブリの鈴木氏が紹介していたので、読ませていただいた。吾輩、鈴木氏が紹介する本が面白くなかった本が、いまのところない。これから鈴木氏に…

川上未映子・著「ほかの誰よりも最高の気分」

すばる 2014年 01月号 [雑誌] [雑誌]集英社2013-12-06「すばる」という雑誌に寄稿されている、川上嬢の最新作である。吾輩、この方の大ファンである。プライベートでは、ファンレターを送らせてもらったりしている。そのぐらい好きな作家さんである。内容と…

古市憲寿「僕たちの前途」

僕たちの前途 [単行本]古市 憲寿講談社2012-11-22この古市氏という方、ものすごい量の情報の持ち主である。吾輩が同じことをやる、と考えだけで胃が痛くなってしまう、そんな情報量なのである。この情報を提供してくれた古市氏には、感謝の思いが溢れている…

「もっとあの世に聞いた、この世の仕組み」

もっと あの世に聞いた、この世の仕組み [単行本]雲 黒斎サンマーク出版2013-08-02自分の守護霊と対話できる、というお方の著書である。守護霊、というとあまりに胡散臭いというイメージがあるのであるが、この雲黒斎さん。もともと、宗教や精神世界に対する…

誰のための就活?

何者 [単行本]朝井 リョウ新潮社2012-11-30現代の社会や企業の中で、順応していける人であればいいのであるが、そうでない人。そういう人はどうすればいいのであろうか。いまの社会では生きづらいと感じている人。上手く周りの人と合わせられない人。能力が…

「青春」とは?

生きていると、わからないことがたくさん出てくる。たとえば「生きる」とは?たとえば「日本」とは?たとえば「命」とは?そういうことを整理していくことを、最近はじめているのであるが、その中で「青春」とはなにか?という話をしておられる方がいた。画…

東田直樹「自閉症の僕が残してきた言葉たち」

自閉症の僕が残してきた言葉たち -小学生までの作品を振り返って- [単行本]東田 直樹エスコアール2008-04-07吾輩がいま注目している事柄のひとつに、「発達障害」がある。「発達障害」にも、いくつも区分があるが、その中の「自閉症」と呼ばれているものに、…