読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたけ の日記

ゆっくり生きよう。

クレジットカード払いをしたときの署名の効力について。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7391166.html

僕なりにまとめてみると、
・サインは、カードの不正使用を防ぐための、本人確認

・書かれたサインは、クレジット会社に送るものだが、今は店舗保管している(年数保管)

・ クレジットカードの裏に書かれたサインと、レジートに書かれたサインの筆跡を比べて、店員は本人であると確認する

・なので、クレジットカードの裏に名前が書かれていなければ、レシートにサインをする意味がない

・欧米では、サインのチェックが厳しい          
クレジット払いだから、クレジット会社宛にサインをしているんだろうとは思っていたけど、
そのサインがどこで、どう使われるのだろう、とは思っていた。 あの真面目な対応をしている店員さんが、意味もなくレシートに名前を書かせるわけがない。意味がないのだとしたら、一体なんのために?

店員もわからない。購入者もわからない。それは特異な光景であるといえる。

「ここにサイン、お願いします。」
「はい。」(-_-φカキカキ
「ありがとうございます。」


街角でファンに声をかけられて、サインを求められた有名人、
という設定は、可能かもしれない。

 
ぐうたら日記 ブログランキングへ