読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたけ の日記

ゆっくり生きよう。

無題

カフェで本を読みながらウトウトすることがよくある。

あまりに心地がいいので、ベッドと壁の間に挟まるみたいに、夢と現実の狭間からいっそのこと抜け出せなくならないだろうか、と思う。

もし、そんなことがあれば、おそらく人類史上初の出来事であるので、そこで起こったことを克明に記憶しておいて、体験談を出せば、ベストセラーになるかもしれない。一躍、時の人である。

さて、明日も仕事か。