はたけ のブログ

ゆっくり生きよう。

読んだ本

 

総員玉砕せよ! (講談社文庫)

総員玉砕せよ! (講談社文庫)

 

自分が何と戦い、何を守っているのかも知らされずに戦地にいた、というのが衝撃。わからないんだけれど、お国の命令なんだから従っていて、上官の命令は絶対。文句をいえばバシバシ叩かれる。だから、仕方なく戦いに赴いている、という印象。

 

そういう生活だから、当然ストレスも溜まってくる。娼婦みたいば人もいるんだけれど、セックスもそう出来るわけでもなく娯楽も何もない場所でやることは、歌って踊ること。その歌の内容もすごく切なくて「何でこんなことしなきゃならんの、えいこらさ」みたいな感じで、それを結構楽しそうに笑って歌って踊っている絵を見たら、何とも言えない気持ちになる。

 

頑張って生きるのが嫌な人のための本~ゆるく自由に生きるレッスン

 

立ち読みですが、、。

 

ダメでもいいんだ、といろんな切り口で言ってくれているので、そんな自分が少し好きになります。

 

 

芸能界で 「人間のクズ」と言われるくらい、自分が思っていることを言葉にしてしまう人らしく、 調べれば色んなエピソードがでてくる。でもそれは、自分の感じたものを信じていて、それに忠実に従って生きているという言い方もできる。僕にはとても魅力的な人だと感じた。

 

 

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

 

 3回は読んでいると思います。

慌ただしいときに、この本を読むと慌ただしさに溺れずに漂っていられます。

こういう生き方が、いまの目標です。