はたけ のブログ

ゆっくり生きよう。

すすきのに行った。

すすきのに赴く。

f:id:hata9715:20160507155714j:plain

用事があってすすきのを通る度に、来るんじゃなかったと後悔している気がする。

すすきのという場所に漂っている妙なハイテンションさ、誰にぶつけていいのか判らない怒りのような、鬱憤のようなもの、というのか。
ここが好きな人は、いつもそういうものを抱えながら生きているんだろうけど、それがどうにも肌に合わない。

そういうエネルギーに接していると、最初のうちはいいけれど時間が経つにつれてソワソワするというか落ち着かなくなってくる。それがいいと思う人がすすきのに集まってるわけだけど、僕に関していうと、そこにいるってことは、何か大事なものを捨てながら生きていかければいけない気がしてしまって嫌だ。で、その雰囲気に染まってしまうのは避けたいので次は来ないようにしよう、とか思ってはいるけど札幌に来ると毎回すすきのを訪れてるっていう。

すすきのには、人を惹き付ける魔力があるのかもしれない。