はたけ のブログ

ゆっくり生きよう。

気力のでない感じで。

今日もまた生きている。自分には生きる目的や動機付けとなる対象がないので、困ったものだと思う。

 

やりたいことがあるわけでもないし、出来れば何もしたくないという気持ちが何よりも勝っている。何も考えたくないし、誰かとしゃべりたいわけでもない。こういうときはどうすればいいのだろうか。

 

ディズニーランドにいて、行きたいアトラクションや乗りたい乗り物があればそれは楽しいのだろうが、知らないうちにディズニーランドにいて特にやりたいこともなく一人佇んでいたとしたら、しょうがないので珈琲でも買ってベンチに座ってみんなが何をしているか眺めることしかできることはない。今の自分はそんな感じに近い。

 

この世界には問題とされているものがたくさんある。この問題に真摯に向き合い、良い方向へと軌道修正させることが正しいかもしれない。

 

でも、いまの自分には問題に真摯に向き合うことが正しいとか、間違っているとかを感じられない。

 

ただ世界はそこにあり、人々が生きている。

 

仕事に追われているサラリーマンがいて、痴話話をしているオバちゃん達がいて、何でかわからないけれど笑っている二人の女子高生がいて、名前がない街路樹がいて、それらを眺めている自分がいる。

 

ただ、それだけ。

 

でも、世界は待ってくれない。

やる気がなくても、明日はやってくる。

 

 

 

こんなことを書いたのも、この映画を観たからかも。


「世界から猫が消えたなら」予告

 

映画はよかった。

主題歌もいいし、観ていて心地のいい映画だった。