はたけ の日記

ゆっくり生きよう。

映画を観て

札幌にまで行って、映画を観てきた。
「午後8時の訪問者」という映画だ。とてもよかった。

この映画を観てからというもの、午後8時には誰か訪問者が来るものと身構えて生きていかなきゃいけないような気になってきた。

午後8時に誰かが来るのだから、毎日8時には家にいなきゃいけない。仕事だろうと用事があろうと親が危篤になろうと関係ない。訪ねてくるのだから、それに備えないといけない。

その訪問者は何のために訪ねて来るのかはわからないのだが、僕はそれに備えて珈琲やケーキでも用意して待ち構えてなきゃいけない。

毎日8時に待つ方も大変だが、行く側も大変である。