はたけ のブログ

ゆっくり生きよう。

眠い、ということについて

眠り、はとても興味深い。

眠いときには、誰でも活動はしたくなくなるし、寝なければいけなくなる。眠いときに一番優先されることは、睡眠である。

世の中の人たちは、携帯電話があることによって自宅にいてもすぐに仕事に呼び出されるし、インターネットが普及したことでどこでも誰とでも繋がることが可能になった。世界中の情報を取得することもできるようになった。

それによって、世の中は便利になった。と、同時に、人間は格段に忙しくなった。

忙しさに人間はとても苦しめられているように思う。

その特効薬をいま考えてみた。

人間は夜になったときに、強制的に眠るようにすればよいのだ。眠りさえすれば、夜遅く働かなくてすむので、ブラック労働はなくなるだろう。これは画期的な発明かもしれない。

このためには、何らかの装置を作るか、人間にチップを埋め込んで暗くなったら強制的に眠らせるようにプログラムしたらよいのかもしれないが、残念ながらそれは僕には必要ないだろう。

いつも、僕は眠くて仕方がないからである。