はたけ のブログ

ゆっくり生きよう。

高城未来ラジオ第九回:美容整形はしてはいけないーゆうこ先生(美容外科医)後編

 

ー高城のナレーションー

 

今回は前回に引き続き、美容外科医のゆうこ先生のお話の後半です。

 

一体、テレビに出演している人たちの何割ぐらいが、美容整形を受けているのでしょうか。そしてジャイ子が美人女優になるのに、いくらかかるのでしょうか。

 

高城:いわゆる別人になることは、可能なんですか?

ゆうこ:ある程度であれば。

高城:ある程度であれば?

ゆうこ:ただ元ってあるので、人間。

高城:そりゃあそうですね。

ゆうこ:いきなりジャイ子みたいな子が来て、北川景子に変えてって言われても、それは無理ですね。

高城:それジャイ子って言いましたね!いま(笑)そのギャップあり過ぎじゃない?

ゆうこ:そうですね(笑)中々、人でいうのは良くないなと思います(笑)

高城ジャイ子さん、来ますよね?

ゆうこジャイ子さん、来ます。

高城北川景子になりたいんです私、って言われたらどうするんです?

ゆうこ:とりあえず、鏡見ろって思います。心の中で。

高城:でもそうは言えないですよね?

ゆうこ:言えないです。

高城:その場合、まずどういうパッケージで売るんですか?

ゆうこ:とりあえずジャイ子が来たら、お金積ませますよね。

高城:そうだよね(笑)まず、お金あるか聞きますよね?

ゆうこ:そうですね。お金あったら、まずジャイ子ポッチャリしてるので、痩せるところからはじまります。

高城:どうやって、痩せさせるんですか?

ゆうこ:やつまぱ、脂肪とります。

高城:吸引?

ゆうこ:吸引します。効きますよ?

高城:効きますよね。モナリザとかもあるじゃないですか?ああやって痩せるやつ。あらゆる手段を使って、、

ゆうこ:あらゆる手段を使って。ただ、あらゆる手段は使いますが、基本的には食事を見直さない限り、中々痩せないです。

高城:じゃあ、ゆうこ先生の言うことをきいて、ジャイ子が痩せジャイ子になりました。さぁその次はどうしましょう?こっからが商売ですよね?いよいよ。

ゆうこ:そうですね。ジャイ子、まず顔用の脂肪溶解があるんですよね。まずそれをやって、顔をシュッとさせて、で、顎があまりないので、北川景子さんちゃんと顎がシュッとして前にも出てるので、顎を入れてあげて、あとは目もジャイ子一重なので二重の切開して、鼻も丸いので鼻をシュッとしてあげるのっていうと、やっぱりプロテーゼを入れて、あとは耳介から軟骨とってきて、鼻の先端に埋めてあげる手術をする。

高城:そこまでで、おいくらですか?

ゆうこ:100、、くらいかな?

高城:100万円くらい?でも100万円かけても、所詮は、北川景子に似たジャイ子ですよね?

ゆうこ:そうですね。

高城:そうですよね?

ゆうこ:はい。

高城北川景子になれるわけではなくて、北川景子っぽいジャイ子っていうか。

ゆうこ:そうなんですよね。そこが難しいんですよね。

高城:難しいですよね?

ゆうこ:自分が北川景子になったっていう風に、心から思ってくれたらいいんですけど、やっぱりジャイ子だった人が、整形をしたいっていう風に思ったジャイ子は、心に何かを抱えてる人が多いので。

高城:心はジャイ子のまんまですよね?

ゆうこ:そうですよね。

高城:これは、どう納得させるっていうか、変えてくこと出来るんですか?

ゆうこ:心は中々変えられない、、

高城:変えられないですよね?ですから、見た目は良くなっても、心がジャイ子かどうかはともかく、そのまんまだったら、ね?

ゆうこ:中々そうですね。そこのギャップが埋められなくて、自分の見た目に自信が持てなくて、繰り返すって方はもの凄いですね。

高城:リピーターはどれくらいいらっしゃるんですか?

ゆうこ:リピーターは、例えば、鼻にちょっとヒアルロン酸入れるとか、そういうのってどんどんヒアルロン酸溶けてくものなので、人によっては40回とか。

高城:40回!?凄いですねーー。お金も。

ゆうこ:一回が5、6万なので、それが重なっちゃって、ただ繰り返していくと結局40回やれば5万だったら200万?

高城:凄い値段になっていきますよね?

ゆうこ:鼻が気になるって人は、顎も気になってくるとか、色んなところ気になってくるので、かさみますよね。

高城:ずっと、やり続けるしかなくなっちゃいますよね?

ゆうこ:そうですね。

高城:メンテナンスもありますし。先生からみてね、テレビに色んな方出てらっしゃいますが、整形してるとか、ちょっと手入れてるって、わかるもんですか?

ゆうこ:ある程度はわかります。

高城:だいたい何割ぐらいの方がやってらっしゃるんでしょうか?プチも入れて。

ゆうこ:プチも入れたら、かなり多いと思いますよ。

高城:どのくらい?

ゆうこ:7、8割はしてると思います。

高城:天然の人がほとんどいない?

ゆうこ:いないと思います。

高城:これもしてるこれもしてる、って雑誌見ててもテレビ見ててもわかるわけですよね?

ゆうこ:結構わかりますね。

高城:お客さんでも、有名な方いらっしゃるかもしれませんが。

ゆうこ:そうですね。

高城:いらっしゃいますよね?

ゆうこ:いらっしゃいます。 

高城:そういう人たちは、いろいろ心に闇を抱えていたりしますよね?

ゆうこ:しますね。

高城:例えば、どんな問題をその著名人はお抱えになってるんでしょうか?

ゆうこ:基本的に抗不安薬飲んでる人、多いですよ。

高城:なるほど。結構飲んでる!?

ゆうこ:飲んでますね。

高城抗鬱剤とか。

ゆうこデパスとか。

高城デパス飲んでる?

ゆうこ:飲んでる人多いですね。聞いてみるとデパス飲んでる、みたいな。

高城:ああ。困りますね。

ゆうこ:まぁそうですね。ただ、大学病院にいたときに色んな科を回るんですけど、精神科とかも回ったので、そうすると、デパス飲んでる人結構多いですよね。

高城:それと睡眠導入剤ですか?

ゆうこ:はい。眠剤は芸能の人で眠剤飲んでない人、少ないんじゃないですか?

高城:(笑)みんな飲んでる!?

ゆうこ:はい、飲んでると思います。

高城:なぜそうやって、眠剤を飲んだり病んだりするんでしょうかね?

ゆうこ:競争社会の中にいると、どうしても不安を発散するところがない人が多い。で、誰かにわかってもらうって中々難しいですよね。周りはみんなライバルなので。それをやってない人はどうしてもその人の気持ちわからないので、そうすると不安が募っていってパニック障害とか。大学病院で精神科回ったときにも、かなり著名な方いらっしゃいましたし、その方聞いてみたらデパス飲んでるとか。

高城デパス飲むとか、ダイエットのために◯◯(錠剤名?聞きとれませんでした)飲んだりね、それでシャンパン飲んで、ほとんど食べないで睡眠導入剤飲んで寝てたら、体壊しますよね?

ゆうこ:壊しますね。

高城:壊しますよね!実際に壊した方見てらっしゃると思うんですけど、そういうところに行く直前にね、先生から何かアドバイスや止めたりってするんですか?もう無理なんでしょうか?

ゆうこ:正直人によると思うんですけど、私は止めます。

高城:どう止めるんですか?でも、やめられない可能性ありますよね?

ゆうこヒアルロン酸とかは、期間をあけるとか、最初のうちはそういうことを言って、もうほとんど入んないと思いますよ、とか、そういった促しはします。

高城:これ以上どうのっていうより、入らないと、もう。物理的な話をする。

ゆうこ:ただ、そういう人は中毒になってるので、聞かないです。

高城:例えば、先生のところに来ないで、他のところに行ったりとか。眠剤貰えなくなったら、他の病院に行って貰うとか。

ゆうこ:はい。もう全然聞かないですね。

高城:そうすると、体絶対壊しますよね?

ゆうこ:壊しますね。

高城:入院したりとか段々バックれたりとか、本当に頭おかしくなってったりしますよね?

ゆうこ:いますねぇ。

高城:ちなみに、先生は何か入れてらっしゃるんですか?

ゆうこ:私入れてないです。

高城:それはそういう方を見てらっしゃるから?

ゆうこ:見てるのとともに、顔に針刺すってのが私怖いんです。

高城:そんな(笑)自分の仕事じゃーーん!

ゆうこ:ちょっと怖いんです。私本当に。

高城:自分の仕事じゃなーい。

ゆうこ:あと副作用知っちゃってるんで。

高城:あーー流石ですね、先生。

ゆうこ:そういった皮膚のリスクがあるとか、そういうのわかってて私は絶対したくないですね!

高城:コロンビア人のコカイン王がね、絶対自分でコカイン吸わないっていうのと、似てますね?

ゆうこ:そうですね。それと一緒です。両方とも中毒じゃないですか?

高城:そうですね。

ゆうこ:結構、似て非なるものっていうか、、中毒性でいえば、かなり同じようなものだと思います。

高城:合法ドラックディーラーみたいになってますけど(笑)本当に。

ゆうこ:結構似てると思いますよ。一回手出したら終わりです。全部。麻薬でも美容も。

高城:凄い(笑)美容も?

ゆうこ:はい。

高城:へー。じゃあビタミンCを飲むぐらい?美容に良いのは。マルチビタミンはオッケーでしょ?

ゆうこ:そうですね。私はやってることといえば、マルチビタミン飲んでビタミンC飲んで。ビタミンCどうしても水溶性なので水に溶けちゃうので。

高城:点滴はオッケーですか?

ゆうこ:点滴はオッケーです。ただ、はっきり言ってしまえば、私はビタミンC全然意味がないと思ってます。

高城:意味がない?出ちゃうから?流れちゃうから?

ゆうこ:はい。

高城:いっぱいとると。

ゆうこ:あれは、血中に一気にガッと入れるのは大事なんですね。で、いま高濃度のビタミンCとかも街中で流行ってて、癌にも効くとか糖尿病にも効くとか、そっちの方は私は効果があると思います。というのは、ビタミンCを一気に血中にガッと入れるってことが非常に大事になってくるので、あのくらいの濃度を入れるんだったら、効果はあると思います。一気に50gとか入れてるので。

高城:そうですね。

ゆうこ:ただ、一般的なよくあるような美容の、、

高城:ビタミン注射?

ゆうこ:はい。は、意味がないと。

高城:なるほど。

ゆうこ:だったら、例えば、あれで8000円とか1万円とかしますよね?

高城:ええ。

ゆうこ:だったら、毎日のビタミンCの内服をすればいいのかな、と。

高城:先生はそれくらいの、いわゆるサプリですよね?

ゆうこ:サプリですね。

高城:サプリ以上のことは、なさってないということですよね?

ゆうこ:してないです。

高城:なぜなら中毒性があるから。

ゆうこ:はい。

高城:そういうことですよね?

ゆうこ:はい。

高城:ここでこれだけはお話ししたいこと、何かありますか?

ゆうこ:そうですね。さっきのことですけど、美容外科医がいうのはなんですが、一度手を出したらもう引き返せないので、なるべく手を出さない方が良いと思います。

高城:すごい発言ですよ!ゆうこ先生これ。すごい。コロンビアのドラックディーラーと同じ発言。まぁ同じなんでしょうね。

ゆうこ:同じですよね。 

 

ー高城のナレーションー

 

前回に引き続き美容外科医のゆうこ先生のお話をお聞きしました。

 

コロンビアのコカイン王は、絶対に自分ではコカインは吸わないように、美容整形も中毒性があるので同じようなものだとお話しになってましたね。一度手を出したら引き返せないとのこと。そして、自分の顔に針刺したりするのは嫌だし、ご自身では絶対に施術を受けないとのお話も、実に衝撃的でした。

 

しかし、社会はより一層競争が激化している現実があります。資産から見た目まで他の人より劣ることは、人間性を問われる時代になりかねません。

 

一体心なき表層社会は、どこに行き着くのでしょうか。

 

次回もお楽しみに。