はたけ のブログ

ゆっくり生きよう。

高城未来ラジオ第十一回:夜のソーシャルネットワークーちえみさん(西麻布女子)後編

ー高城のナレーションー

 

今回は東京の美しい女性たちの、夜のソーシャルネットワークの実態に迫る後半です。

 

一体売れないタレントたちが夜な夜な西麻布で、いくら、どのように稼いでいるのでしょうか。そして、グレーな人々やブラックな人々とどのように関わっているのでしょうか。

 

ちえみ:すごい上手い子がいるんですよ。

高城:うん。

ちえみ:頭がいいのか、、

高城:客あしらいに慣れてるってことですよね?

ちえみ:そうですそうです。まあ、だから潰して、あとはゲームをして。

高城:ゲーム?

ちえみ:トランプだったりジャンケンだったりカラオケゲームでもいいんですけど、ウチらは飲むから負けたらお金はここに置いてって、みたいな。

高城:現金?

ちえみ:現金。

高城:女の子が言うの?

ちえみ:はい。金持ちの人って、プライドがあるから出すんですよ。

高城:見栄はりだから?

ちえみ:見栄はりだから。

高城:なるほど(笑)

ちえみ:その心理を利用させていただいて。

高城:利用させていただいて(笑)そこだけ突然敬語になられても困るんだけど。

ちえみ:ここら辺にお金がガサって集まるんですよね。

高城:積まれるわけですね?

ちえみ:つまれますね。大体最初1000円からはじまって5000円になったりとか。

高城:それを集金するわけですよね?

ちえみ:集金して、女の子たちで最後割るんですけど。

高城:みんなで割るんだ?

ちえみ:割るんです。

高城:女の子はチームワークがあるんだ!そこに。

ちえみ:チームワークがなかったら、成り立たないと思います。

高城:チームワークがあって、なんかサッカーと一緒ですよね?

ちえみ:そうですそうです(笑)

高城:相手が男の人のチームで、それをどうにか現金だけとれて、まぁバックられたらいいってことですよね?

ちえみ:そうです。

高城:タクシー代貰ってね。

ちえみ:タクシー代プラスゲーム代、またもしバーとかでキャッシュバックあったら、1回でかなり貰えます。

高城:貰えるよね?5万も10万すぐ貰えるかもしれないね?

ちえみ:貰えますね。私はゲーム好きのおじさんがいて、勝っただけお金をくれるっていうので、その日でゲームで2、30とか。

高城:1日に?

ちえみ:何時間で。

高城:1、2時間で?

ちえみ:その時私勝っちゃったんで。

高城:最高の稼ぎですか?もっと稼いだことあります?

ちえみ:誕生日に、、

高城:誕生日?毎月やってない?誕生日。

ちえみ:やってないです(笑)バレちゃうんで(笑)

高城:ほんとに〜?

ちえみ:バレちゃうんですけど、、その時誕生日なんだよねーって話をしたら。

高城:本当の誕生日?

ちえみ:本当の誕生日だったんですよ!

高城:一応そういうことにしておきましょう!

ちえみ:前後ありましたけど。

高城:あるよねー。一週間くらいあるよね?

ちえみ:周りの子も、この子誕生日なんだよねーって話になると、なんだお前誕生日なのかよ!っていって、そのお付きの人とかいたりするんで。

高城:お付き?お付きってなに?

ちえみ:鞄持ちみたいな。

高城:男の偉い人の鞄持ちがいると?

ちえみ:いたりするんで。あと車停めてたりする人もいるじゃないですか?で、普通に現金パーンって。

高城:どれくらい置くんですか?

ちえみ:私は50しか貰えなかったんですけど、、

高城:50しか貰えない?(笑)誕生日プレゼント!すごい集金だねーそれ。

ちえみ:他のもっと有名な顔バレしてるタレントとか、普通に300とか貰ってるの見たことあります。

高城:300!?誕生日プレゼントに?

ちえみ:封筒に。

高城:貰ったことないな、僕。

ちえみ:初めて見たときは、あっヤバイって思いました。

高城:そのまま帰れるんですか?300万貰って。

ちえみ:ありがとーー!って言って帰ってました。

高城:凄い。50万貰ってそのまま帰っていいんですか?

ちえみ:私はちょっと怖くって、ちょっと置いておきました。

高城:5万くらい? 

ちえみ:いやいや、50万そのまま家の引き出しの中に置いておきました。

高城:なんかあって返さなきゃいけないからねー。

ちえみ:そう。

高城:そのおじさんたちと皆さんを繋ぐ人いますよね?

ちえみ:はい。

高城:これは誰ですか?

ちえみ:これは私も紹介、、

高城:私ですね?(笑)

ちえみ:私みたいな人とか、若い子もいるんですよ。これ私も未知のところに入るんですけど、本当に美人で元タレントとか、ちょっと要領が良い子たちもいるんですけど、業者もあるみたいです。

高城:なんちゃってチーママの?紹介業ですかね?

ちえみ:私こういう会社やってます、みたいな。

高城:なるほど。可愛い女の子集めておじさんたちに紹介する。

ちえみ:はい。ちゃんと会社を立ててる人もいるみたいで。あと、意外と女の人だけだと思いません?

高城:うん。

ちえみ:男の人多いです。

高城:仲介業?

ちえみ:仲介業、男かなり多いです。

高城:そういう人たちは、よく飲み屋とかでやってる人もいますよね?

ちえみ:あ、飲み屋。

高城:飲み屋っていうか、小さいバーやってて女の子集めたりして誰かに紹介してる人いっぱいいますよね?

ちえみ:まさにその通りで。あとはお店は持ってないんですよ 、その人たちは。個人でやってる、、

高城:フリー?

ちえみフリーランスフリーランスで紹介やってて、結構タチ悪いです。

高城:ね?だいぶ悪いよね。

ちえみ:かなり悪いです。

高城:スカウトじゃないけどさ、それに近いものあるよね?

ちえみ:経営者って色んな経営者いらっしゃると思うんですよ。身元判明しやすいじゃないですか?でも中にはそういう人たちフリーランスだし、結構危ないゾーンとかも手を出すんで、カタギじゃない、、

高城:カタギじゃないサングラスとかね?全部グレーとかね?

ちえみ:(笑)

高城:グレーじゃないよね?クロってことだよね(笑)

ちえみ:クロ(笑)でも、東京ってグレーの方が多いんじゃないですかね。わかんないですけど。どっちかわかんないけど怪しくない?みたいな。

高城:どこでわかるんですか?それ。この人怪しいって。

ちえみ:いやー、、

高城:経営者ってね、ちょっといけ好かないけど飲み屋をいっぱいやってたりとか、IT企業だとか、ファンドだとか色々それなりにわかりますよね?

ちえみ:わかりますわかります。

高城:カタギじゃないですか?一応。

ちえみ:そうそうそう。

高城:じゃなくてエージェントの人って、どこで怪しいってわかるんですか?っていうか全員怪しいでしょ?

ちえみ:全員怪しいですけど、、けどやっぱり、、

高城:えーーどう違うの??教えて!

ちえみ:えーー!

高城:何でわかるの?女の子。なんかコイツ怪しいとか。

ちえみ:私は結構気づくんですよ。経験豊富で。

高城:なるほど。さすが!歴史が。

ちえみ:1回売られそうになったことあって。

高城:えーーどこに!売られる!?どっか海外とか?

ちえみ:クロの方がいるバーに行って、女の人が経営してるバーで、お客さんがそっちだったんですね。

高城:うん。

ちえみ:ちえみちゃん飲もーって言われて、じゃあ飲みに行きますって。で、この人凄い良い人だよーって、ご飯とか食べに行っておいでよーみたいな。でもこっちはヤバイヤバイって思ってるんですけど、シカトとかしたら殺されるんじゃないかって(笑)

高城:なるほど。

ちえみ:で、その人と直接やりとりするように女の人に言われて、やりとりして今日ご飯食べに行こうって。で、フカヒレ。本当に高いところとか連れてってもらって、その時は周りにお付きの人がいるんですよ。2人じゃないんですよ。

高城:舎弟ってやつですね?

ちえみ:カバン持ってその時点で、完璧にクロだ!って。でもそれで機嫌損ねて東京湾に沈められたら嫌だなとか思ったりして、で、結局私の場合は大丈夫だったんですけど、そのオーナーの女の人が男の人に、既にお金もらってるんですよ。

高城:なるほど!斡旋料。

ちえみ:10万たか20万とかわかんないですよ?で、言われたのが、もうお金払っといたから、って言われて。私今から売られんだ、と思って。

高城:うん。でも助かったんですよね?

ちえみ:助かりました。

高城:そこを上手く切り抜けたの?普通に帰ったの?

ちえみ:食中毒じゃないけど、、

高城:あーー腹痛のフリして?

ちえみ:ヤバイ、、って演技しまくって。

高城:さすがタレント!

ちえみ:(笑)本当にヤバイな、って思いましたね。

 

ー高城のナレーションー

 

前回に引き続き、東京の美しい女性たちの隠れた生態をちえみさんにお話いただきました。

 

女性たちがテレビに出演するには、それなりの人たちに断りを入れなければならないのは、実は日本のテレビ業界の隠れた秘密ですが、その理由は女を扱うビジネスだからに他なりません。それ故、事務所を変わる「箱変え」などはご法度で、契約も米国に見られるような条例も何もかもありませんので、人権無視の古めかしい体質となり、これがテレビを観る人たちを白けさせ、視聴率を暴落している本質にあります。

 

しかし、個人の時代へとゆっくりシフトすると、気がつくと女性たちが水面下でセルフブランディングしながら勝手に高値で取引し、夜の街を逞しく泳いでいるようです。これでは益々テレビがつまらなくなるはずですよね。

 

次回も、社会の深淵から未来を垣間みたいと思います。