Podcastなどを文字起こしするブログ

ポッドキャスト版「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」「未来授業」の文字起こしをやっています。「未来授業」は2020年4月分からです。文字起こししてほしいものがあれば、ツイッターのDMに連絡下さい→https://twitter.com/hatake4633

未来授業:菅付雅信 第一回 「AIのレコメンドに奪われる"人間の自由意志"」

2020年1月6日配信の「未来授業」です。

AIのレコメンドに奪われる“人間の自由意志” | 未来授業 | これからの時代を生き抜くヒントを学ぶ特別授業

 

 

ーナレーションー

 

今週の講師は、編集者の菅付雅信さん。

 

ロングセラー『物欲なき世界』の著者としても知られる菅付さんが、今回テーマとして取り上げたのは「AI」。

 

AIは世界をどう変えて、人々の暮らしや仕事はどう変わり、そんな未来で何が幸福と呼べるのか。

 

1年8ヶ月に渡って、アメリカ、シリコンバレー、ニューヨーク、深圳、モスクワをはじめ、世界各国を訪れ、第一線の研究者や学者など、合計51名を取材した内容は『動物と機械から離れて』という本にまとめられました。私たちはすでにAIなしには暮らせなくなっているかもしれません。

 

未来授業一時間目、テーマは「AIのレコメンドに奪われる"人間の自由意志"」。

 

 

 

菅付:もう私たちの生活にAIは欠かせないものなんですね。

 

例えば朝起きて、スマホを起動して来てるメールをチェックして、今日の予定をGoogleカレンダーとかで確認して、今日の打ち合わせの行き先をGoogleマップで道順を確認して、そういったことをしながらそこら辺の一連の動作に全てAIが関わってるんですね。

 

さらに家に帰って、Amazonプライムを観ようNetflixを観ようっていうものも、様々なレコメンデーションをして、その人に合った画像のティーザーを作って、レコメンドしてくれてるわけですよね。なので、もうAIに囲まれて生きてるっていうのが現状だと僕は思います。

 

今回、アメリカやロシアや中国、関係する人51人に話を聞いて、AIについてユートピア的に言う人もいるし、悲観的に言う人もいるんですけど、ほぼ全員に共通してるのが一つだけあってですね、これからAIがどんどん仕事を人間に代わってやっていく、代替してやっていくということになると、人間の多くは暇になるだろうってことだけはほぼ一致した見解なんですね。

 

なので、頭脳能動の領域にAIがどんどん入ってくると、能動時間は減るはずなんです。

 

いま週休3日制をアメリカのAmazonとかも実際に取り入れ始めてますけども、週休3日制どころか週休4日制ぐらいの世界が来るんじゃないかなという風にも予言されてますね。

 

先日、東京大学ソフトバンク孫正義さんが講演やりましたけども、彼はこれから週に3日働けばいい、という風に講演の場で言ってましたけど、たぶんそういったことっていうのは20年後30年後40年後50年後の世界には起こってるんじゃないかなと思ってます。

 

ーナレーションー

 

私たちの意思決定はAIの心地良いレコメンドにより、いつのまにか自由意志が奪われています。

 

この状態が加速すれば、人間の幸福感が下がっていく可能性がある、と菅付さんはいいます。

 

菅付:AIのレコメンデーションとかサジェスチョンに従って行動していくと、すごく楽なんですけども、あまり自分で考えなくても済む状態ですよね。それが楽といえば楽ですし。

 

逆にいうと、自分たちの自由さ、もっというと自由意志がどこにあるんだろうかっていうのが問われている問題なんじゃないかなと思っていまして。

 

例えば、食べログとかクックパッドのような、食の好みをある程度わかってくれるサイトやアプリってありますよね。あれと同じように自分の恋人とか自分の友達みたいなものも、色んな形でレコメンデーションが出来る様になってるのが現状だと思うんですよね。

 

でもそれは、あくまでもAIがビッグデータを集めた集合知としての、そんなにハズレのないレコメンデーションだから、もしかして合うこともあると思うんですけど、全然合わないこともあると思うし。

 

「あなたはこういう人だから、こういうものを買ったり、こういう人と付き合ったらいい」というのは、この人はこの程度の可能性、この程度の文脈にしか生きてないっていう風に機械が判断していることなので、とても怖いことでもあると思うんですよね。

 

なのでこのレコメンドに沿って行動したり生きていったり、食べるものも買うものも、そしてガールフレンドもレコメンドに沿って選択するようになっていくと、変なことに出会うことは良くも悪くも減ってくると思うんですけど、自分でも嬉しいようなびっくりするようなこととか、思いがけないような展開とか、そういったものがどんどん減っていくんですよね。

 

で、達成感っていうのは多少山あり谷ありがないと、中々人間っていうのは感じにくいものなので、このままいくと達成感の少ない、でも楽な社会になりつつあるな、と僕は思いますね。