Podcastなどを文字起こしするブログ

ポッドキャスト版「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」「未来授業」の文字起こしをやっています。「未来授業」は2020年4月分からです。文字起こししてほしいものがあれば、ツイッターのDMに連絡下さい→https://twitter.com/hatake4633

<未来授業>谷田優也 第二回「東京オリンピックとeスポーツ」

 

ーナレーションー

今週の講師は、株式会社ウェルプレイド代表取締役CEO、谷田優也さん。

 

カドカワグループでIPデジタルコンテンツのプロデューサー、マーベラスでアジア圏向けのスマートフォンのゲームアプリのプロデュースを経験したのち、2015年11月、株式会社ウェルプレイドを設立。eスポーツに関する業務全般を手掛けています。

 

急激な成長を遂げ、新たな産業として注目を集めるeスポーツ。今では、世界各国で賞金をかけた大きな大会も開かれ、それを会場や配信で応援するファン、サポートするスポンサーも存在します。

 

今日はeスポーツで採用されているゲーム、そして拡大を続ける規模について伺います。

 

未来授業二時間目、テーマは「東京オリンピックとeスポーツ」。

 

谷田:大きく分けると、海外で流行っているゲームタイトルのシーンというのがまずベースとしてあって、そこは基本的にパソコンで遊ぶゲームタイトルが多いんですね。『Leage Of Legend』というゲームだったり『PUBG』というゲームだったり『Fortnite』というゲームだったりっていう、パソコンで遊ぶゲームの中でシューティングゲームというか、FPSと呼ばれるタイトルのゲームシーンだったり。

 

あとは、コンシュマーゲームのシーンで分かりやすいところでいうと、『ストリートファイター』とか『鉄拳』とかサッカーゲームの『ウイニングイレブン』とか『FIFA』というゲームだったり、モータースポーツとか家庭用のゲーム機で遊んでいるゲームタイトルを中心にしたシーンがあって。

 

最近は、海外を含めてかなり注目を浴び始めているのが、モバイルのeスポーツシーンで、日本だと『パズル&ドラゴン』『モンスターストライク』とかっていうゲームもeスポーツのシーンに参入してきて。

 

あとはグローバルで流行っている『クラッシュロワイヤル』っていうゲームは、世界中でeスポーツのリーグがあって、それを盛り上げる世界っていうのが立ち上がってきているっていう感じなので、元々パソコンで流行っている世界とコンシュマーで流行ってるものとモバイルで流行っているものっていう3軸になってきていて。

 

日本はパソコンの普及率っていうのが、他の国に比べて実は少ないので、海外で流行っているタイトルをめちゃくちゃやっている人たちがいる国とかではないっていうのが一つ側面としてありつつも、逆にスマートフォンは相当な普及率を持っている国だったりするので、グローバルで始まった携帯のゲームのプロシーンなんかには、日本がめちゃくちゃ強かったりとか。

 

あとはゲームセンターの文化とコンシュマーゲームが強かったりするので、『ストリートファイター』とか『鉄拳』っていう格闘ゲームは、とても日本が強く、シーンとして成立しているっていう感じですね。

 

ーナレーションー

その他にも、日本では大人から子供まで親しんできたアクションパズルゲームぷよぷよ』も、今ではeスポーツに採用されるなど広がりを見せています。

 

一方、大会の規模についてはまさに今年、日本で大きな動きがあるようです。

 

谷田:何年か前からですね、年に一回日本では『東京ゲームショー』という日本最大のゲームイベントがあるんですけど、これは僕らが子供の頃から年に一回幕張でやっている大きなゲームのイベントで。そこでやっている主催のCESAさんとか日経BPさん側も、キーワードとしてeスポーツを取り入れていくのが、何年か前からスタートして、日本で一番大きいゲームのイベントでeスポーツの大会をやるようになっているんですね。

 

今までは新しいゲームの発表会というか展示会という側面が強かったんですけど、色んなプロゲーマーの選手たちがそこで予選をして、最後決勝を大きなステージで日本一を決めるっていうのが増えてきたりとか。

 

もう一つが、今年東京オリンピックがあるので、その東京オリンピックに連携する形というか同じ時期に合わせて、Intelという「Intel入ってる?」ってCM聞いたことあるかもしれないですけど、PCのCPUを使っているIntelさんが世界で一番大きいeスポーツのイベントで『Intel World Open』というものがあって、それの決勝大会も今年日本でやります、っていう発表があって。これは全世界でそれぞれの国で予選があって、32カ国とか64か国とかが準決勝のためにポーランドを経由をして、ポーランドで搾られた何国かの国の代表と特別枠としての日本代表が、東京でオリンピックの時期に大きな大会があるっていうのが今年の目玉ですね。

 

これは『ストリートファイター5』っていうストリートファイターの最新タイトルと、海外でいまめちゃくちゃ人気がある『ロケットリーグ』っていうゲームがあって、これは車を動かす機体になるんですけど、要はラジコンを使ってサッカーをするゲームなんですよ。人がボールを蹴るんじゃなくて、車を運転してその車がボールにぶつかってゴールを決めるっていうゲームがあるんですけど、これが世界大会とかやると、この間やってたのが同時視聴者数で20万人が観てたりとかするんですね。その二つのタイトルが今回採択されて、世界一を決めるっていうものを東京でやります。