Podcastなどを文字起こしするブログ

ポッドキャスト版「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」「未来授業」の文字起こしをやっています。「未来授業」は2020年4月分からです。文字起こししてほしいものがあれば、ツイッターのDMに連絡下さい→https://twitter.com/hatake4633

〈未来授業〉谷田優也 第四回「eスポーツを"当たり前の存在"に」

 

ーナレーションー

今週の講師は、株式会社ウェルプレイド代表取締役CEO、谷田優也さん。

 

カドカワグループでIPデジタルコンテンツのプロデューサー、マーベラスでアジア圏向けのスマートフォンのゲームアプリのプロデュースを経験したのち、2015年11月、株式会社ウェルプレイドを設立。eスポーツに関する業務全般を手掛けています。

 

ウェルプレイドが掲げる会社としての究極の目的は、「ゲームが上手い人を称賛できる世界を創る」。

 

eスポーツの認知度が高まり、子供たちの憧れの職業にeスポーツプレーヤーがランクインするようにやりましたが、ウェルプレイド谷田さんは、そのさらに先を目指しているといいます。 

 

未来授業四時間目、最後のテーマは「eスポーツを"当たり前の存在“に」。

 

 谷田:ゲームを作ってる立場で一番最近悩み始めてることというか考えてることでいうと、世の中色んなコンテンツが飽和してきてるというか、面白いことが多すぎる状態の中で、自分の自由に使える時間を何にするのかすら決めるのも難しい時代になってきてる中で、今まではパッケージで7000円8000円払ってエンディングを見るまでゲームを遊ぶっていうシーンから、遊び続けるための理由が必要になってきているというか。

 

タダで遊べるし、すぐ遊べるし。その中でどう遊び続けたらいいのっていうところの理由まで探さないと、ゲームが続かない時代になってる中で、ゲームの面白さの外にそのゲームをやっててよかったなっていう理由がたくさんあったら、その人の人生なりその人が使った時間は絶対幸せになるはずだと。

 

そういう意味でいうと、絆が生まれたり、大会で勝って嬉しいとか、賞金が多く貰えて生活に使えるとか、それだけで食べていける、みたいな時代を日常にしたい。

 

なので、僕の中でのeスポーツのゴールは、いま僕たちが当たり前に見ている世界に、eスポーツあるじゃんって言わないけどある状態というか。無くなっちゃったよね、でもなく、すごい色々見るよね、でもない状態になってることですよね。

 

なので、歴史の教科書があるのであれば、その歴史の教科書の最初の方にうちの会社の名前があればいいな、と思いますし。2040年くらいに自分の息子が20いくつになったときに当たり前の選択肢として、eスポーツのプレーヤーになることも、その大会を盛り上げるシーンを作ることも就職のその先に当たり前にあるようになってる世界が生まれてくれればいいなと思っていますね。

 

ーナレーションー

谷田さんは未来の世界では、就職活動の履歴書にeスポーツでの成績が評価される、そんな世界を思い描いているそうです。

 

最後に、2020年、日本のeスポーツ業界にウェルプレイドが仕掛ける新たなプロジェクトを教えていただきました。

 

谷田:ウェルプレイドとして、これから今年一番大きく注目していただきたいことが一つありまして、2020年の3月1日に大阪の万博公園駅にあるEXPOCITYというららぽーとに入ってる施設があるんですけど、その施設内に日本で最大級の巨大なeスポーツの専用施設がオープンします。

 

色んなeスポーツに関する挑戦をやる場所っていうのを今年の3月からオープンして、色んな会社さんとご協力いただきながらスタートしていくので、ここはすごく注目して欲しいですね。

 

3月1日にこけら落としのイベントとして、ウェルプレイドフフェスっていう僕たちの冠で、色んなゲームを採用したeスポーツのお祭りみたいオフイベントをやるので、ゲームに詳しくないとか特定やゲームしか知らないっていう人たちも楽しめるような設計でゲームのイベントをやろうと思ってますので、ぜひそこに遊びに来ていただきたいなと思っています。

 

これを聴いてくれている方に向けてでいうと、eスポーツっていうシーンが、例えば5年前に流行ることが確立していたかということを信じて走ったわけではなく、自分の気持ちとか心のワクワクが抑えきれないときに会社を作ったので、何か上手くいかないことの不安が多い時代だからこそ、やりたいと思うことをちゃんと大切にして欲しいというか。

 

誰かに何かを勧められないと物事が決めれない時代になってきているからこそ、自分の心のワクワクを信じて物事を決めるっていうことにチャレンジを恐れないでほしいっていうのが、この何も見えない世界から企業して会社をやっている、その世界にチャレンジを続けているっていうときに、一番楽しくて大変なんですけど、ワクワクする瞬間っていうのが人生においてすごく幸せだなと思ったので、そういう感情を忘れないで欲しいなというか、大切にして欲しいなと思います。