Podcastなどを文字起こしするブログ

ポッドキャスト版「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」「未来授業」の文字起こしをやっています。「未来授業」は2020年4月分からです。文字起こししてほしいものがあれば、ツイッターのDMに連絡下さい→https://twitter.com/hatake4633

<未来授業>西村カリン 第二回「街の風景にみるフランス人のコミュニケーション術」

 

ーナレーションー

今週は、フランスで生まれ育ち、現在は日本で活動するジャーナリスト、西村カリンさんが「それでも日本に住む理由」というテーマでお送りしています。

 

1997年に来日し、ジャーナリストとして活動を始めたカリンさん。まずとりかかったのが、本格的な日本語の勉強でした。

 

あらゆるものを教科書に悪戦苦闘する一方、日本とフランスの違いをつぶさに見た、興味深い経験だったそうです。

 

未来授業二時間目、テーマは「街の風景にみるフランス人のコミュニケーション術」。きっかになったのは、日本の地下鉄で見た、ある広告でした。

 

 西村:この国だとその国の言語を学ばないとわからないと、すぐわかったんですね。例えばイギリスに行くと、言葉を見たらフランス語に近い言葉も多いので、ちょっと学べばわかる。

 

あとは文化の違い。イギリスだとそんなにないけど、日本だと共通点なしっていうことはすぐわかったので、学ばないといけない。私は子供の時から、学ぶのが好きで。今も45歳を超えてても、まだ学生だと思ってる。だから日本に来ると、やはり学ぶことは山ほどあると思って、それで楽しいこと絶対たくさんあると思いました。

 

ほぼ同時にジャーナリストになることを考えてたので、新聞で勉強したんです。一日で一本の記事を新聞で選んで、一つ一つ漢字を勉強したんです。

 

それと同時に、日本人の友達が色々教えてくれたんですけど、色んな方法で学んだけど、ただ目的は読むことは大事だと思った。

 

一つの例は、地下鉄に乗ったときにパリと違って、広告・宣伝が多いんです。面白そうなのに私は読めないから、残念だと思ってて。広告が読めると、社会のこともわかると思った。広告にあるメッセージは、日本人にとってはピッタリであるので、日本人の考え方がわかるかもしれないと思って、それは一つの目的だったんです。

 

印象的な広告は、銀行の広告だったと思うんですけど、それは指紋認証で暗証番号はいらないとかっていう広告だったんですけど、フランスで同じような広告があると、反対運動があるんじゃないかと思って(笑)だからそれは文化の違いもわかる。広告で本当に細かいことまでわかる。

 

っていうのは、利便性を重視してるんです。フランス人は自分の情報、自分のプライバシー、自分の個人情報を守るのが一番大事です。だからその違いがある。もちろん日本でもその後変わったんですけど、当時は利便性が一番重視してたことです。

 

ーナレーションー

フランスに行くときは「戦いモード」に切り替えるという西村カリンさんですが、それは日常の楽しみを膨らませる効果も持ち合わせてると言います。

 

西村:たしかにフランス人はコミュニケーション能力が高いと思います。喫茶店に行くときに、隣の人が例えば本を読んでるときに、自分でもその本を読んでた場合には「あ、私も読んでるよ。すごい面白いでしょ!?」と、すぐ話すんですよ。日本では突然知らない人に声をかけると、ちょっと怖い、変な人って思われるので、それは今も気になってることです。

 

妊娠してたときに、東京の地下鉄に乗っときに「ごめんなさい。私いま妊娠中でつわりがつらいから、席を譲ってくれますか?」って言ってたんですけど、外国人だから出来たと思います。もし日本人の女性が同じことをやった場合は、たぶん厳しい目で見られたんじゃないかと思います。

 

ただ、私もっとやったんです。それは他人のために頼んだ。つまり、日本人の妊婦さんのためにも座ってた人に「お願いします。彼女はちょっと辛いかもしれない」とか。そこまでやってみたんです。でもみんな勿論そう言われたら譲ってくれたんですね。

 

フランスでは自然に男性も女性も、妊婦がいるとすぐ立って「どうぞ」って言うんです。フランス人は完璧な人って言いたいわけじゃない。良くないところも沢山ありますよ。

 

例えば、ルールを守らないね。それも自分のことをまず考えてるので、自分がやりたいことをやっちゃうんです。自分では安全だと思ったら、危ないと言われても自分の判断の方が正しいと思いがち。それでやっちゃうんですね。だから事故が起きてる。喧嘩が起きてる。色んな問題がそれで起きてます。

 

だから私日本に来たら、日本人はちゃんとルールを守ってるから、東京は安全な場所で、特に大きい問題が起こらないというということも分かったんです。