Podcastなどを文字起こしするブログ

ポッドキャスト版「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」「未来授業」の文字起こしをやっています。「未来授業」は2020年4月分からです。文字起こししてほしいものがあれば、ツイッターのDMに連絡下さい→https://twitter.com/hatake4633

<未来授業>角田光代 第3回「物語の神様」

 

ーナレーションー

今週の講師は、作家・角田光代さんです。

 

角田さんは、およそ5年の歳月をかけて『源氏物語』の現代語訳に取り組みました。

 

紫式部が『源氏物語』を書いたのは、およそ1000年前の平安時代。主人公・光源氏の恋愛遍歴にとどまらず、四季の移ろいや人間の業が描かれ、古典文学の最高峰とされています。

 

角田そんは『源氏物語』に翻訳者として寄り添う中で、あることを発見したといいます。

 

未来授業3時間目、テーマは「物語の神様」。

 

角田:面白いなとは思ったのは、非常に物語として緻密に作られていること。訳す前は非常に昔の物語だし、とにかく長いので、思いつきでどんどんどんどん繋げていったような、ちょっと雑なところのある物語かなと思ってたんですが、実際に訳すということでガッツリ読んでいってみると、もの凄い伏線が貼ってあったりとか、それをキチンと回収したり。そして、違う1人の人間が書いたのではないんじゃないのか、と言われてもいますけども、もしこれを本当に紫式部という作家が1人で書いたとしたら、もの凄い壮大な試みがあったんじゃないのかなって思うようになったのが、1番大きな発見かもしれません。

 

たぶん、最初からこの結末に行こうと思って緻密に考えたわけではないと思うんですよね。最初はたぶん上巻の途中ぐらいまで考えてたぐらいなんじゃないかなーと想像しますけども、でも結局やめさせてもらえずに、最後までこんなにこんなに長くしてしまった。その中でこんなに辻褄が合っていくのは、物語が持っている魔術的な力みたいなのが働いたんじゃないのかな、とまで考えますね、私は。はい。

 

例えば、下巻で柏木の子供である薫に、出生の秘密を教える弁って出てくるじゃないですか。弁が柏木の乳母の子供と何か関係があったっていう設定なんですよね。それって柏木を書いているときに考えてなかったはずなんですよ。ただ、柏木が死ぬ時にすごく自分の心を打ち明けている乳母子(めのとご)の侍従、同い年くらいのズケズケ言う女の子が、彼女に手紙を託したり、思いの丈を言っていて、そのことを弁が何か関係があったとかっていうのは、後で「あ、繋がるじゃないか」っていうことなんですね。たぶん。だから、柏木の秘めた心とかお手紙も出てくることが出来るんですよね。何かそういうのが書いている時に「乳母子使えるじゃないか」みたいな繋がり方、上手い具合に繋がっちゃった感じがするんですよね。後から。弁だけじゃなくて、もっとちょくちょくあるので、きっとそういうことなんだろうな、と思います。

 

ーナレーションー

源氏物語』は全部で54帖にも及ぶ大作。世界最古の長編小説とも言われ、登場人物は400人を超えます。

 

壮大なスケールで展開する平安絵巻を、紫式部はどう描ききったのか。物語の成立には諸説あり、今も謎は残されています。

 

角田:私も小説を書いていて、もの凄く気分が乗っていたり、上手くいっていたりする時、自分の力じゃなくて何か上手い具合に進んでる時って、本当に考えてないAとBが繋がったりするんですね。自分で勝手に実は何か伏線を出していて、「あ、こことここが繋がるじゃないか!」っていうことが結構あるんですよね。それは意図しても絶対出来ないことなんですよ。

 

やっぱり、物語の力。いま私は小説と思ってますけど、小説の神様っていうのがいて、時々そういう風に力を貸してくれると思うんですよね。それはよく降ってくるっていう人がいるじゃないですか。あと自分で書くつもりがないのに自動筆記のように書けてしまうみたいなこととは全く違くて。そういうことは私はないので、信じてはないんですよね。

 

書いてる人間が、すごくすごく苦しんで苦しんで苦しんで苦しんでっていう時に、時々力を貸してくれることがあるんですよね。何か軽い気持ちで簡単にやろうと思って、「小説の神様、手を貸してよ」って言っても見てもくれないような。

 

でも、小説の神様っていう言葉が、降りても来ないし、登場人物も勝手に動かない、自分でも本当にチクチクチクチク一生懸命小説を書くしかない。そういう経験しかないのに、神様っていう言葉が出てくるのは、やっぱりすごく悩んで悩んで頑張って、ここまでやってもダメか、というところまで言ったときに、「あっ」って風穴が空くから、神様が手を貸してくれたんじゃないか、みたいな考えが出てくるのであって、割とこれが長編を楽に書いて、短い期間でいかに労力を使わずに書くかって考えて書いて閃いたとしても、やっぱり神様っていう言葉が出てこないと思うんですよね。頑張ってないから。