Podcastなどを文字起こしするブログ

ポッドキャスト版「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」「未来授業」の文字起こしをやっています。「未来授業」は2020年4月分からです。文字起こししてほしいものがあれば、ツイッターのDMに連絡下さい→https://twitter.com/hatake4633

<未来授業>角田光代 第4回「源氏物語は"宿命の物語"」

 

ーナレーションー

今週の講師は、作家・角田光代さんです。

 

角田さんは、紫式部が1000年前に書いた平安絵巻『源氏物語』を5年の歳月をかけて、今の言葉に翻訳しました。

 

地の文からあえて尊敬語と謙譲語を排除。タブーともいえるアプローチで人間関係を整理して、"すいすい読める源氏物語"を完成させました。

 

未来授業4時間目、テーマは「源氏物語は"宿命の物語"」。

 

角田:最初の方では本当に顔が見えないというか、ちょっとスーパースター過ぎて欠点が1つもないということで、本当に人間というよりも光そのもの、女性たちを照らすような光そのものだったり、ちょっと神様みたいな存在として捉えてたんですが、中間になって段々源氏も歳をとって加齢して、気持ちがどんどん弱くなっていく時に、ようやく上巻では見せなかった人間らしさを見せていくように私は感じましたね。

 

後半はですね、宇治十帖が1番好きっていう人は本当に多いんですよ。何故かなと考えると、たぶん今を生きている私たちに非常に近いからだと思うんですよね。人間たちが愚かにも愛や恋に翻弄されて、迷って、相手のために良かれと思って動くことが、ことごとく裏返しになって、どんどん事態がややこしく、複雑になっていってしまう。その中でそんなに辛いことばっかりが起きるけれども、でもその中で生きていかなくてはいけないし、どうすれば良いんだろうっていう登場人物たちの思いが、現代を生きる私たちに非常に分かりやすかったり、私たち自身を見ているようでもあったりするのかなと思います。

 

ーナレーションー

天皇の子として生まれた光源氏が、数々の恋愛遍歴を繰り返し、やがては年老いてこの世を去る。『源氏物語』は一般的には"男女の性愛を描いた恋愛小説"と言われますが、角田さんの見方は少し違うようです。

 

角田:私は人間の運命だと思います。人間が背負わされた運命・宿命。それも1人の人間じゃなくて、何代にも渡って続いていくような人間以外の力が働いているような意味での運命とか宿命の物語だな、と思います。

 

分かりやすいところもあります。これって現代だってある関係性じゃん、みたいな。

 

例えば、夫婦で家に帰ると、子供が何人もギャーギャー泣いていて、奥さんが美しいんだけど、すごいズケズケ言って家が汚いっていうところに、本当にシーンとした整然と片付いているようなおウチのお姫様に惹かれちゃう、とかね。ウチうるさいから、静かな方に行きたいとか、そういうことはよく今でも「わかる、わかる」っていうことは書かれてますけど、でもそうやって応援して応援して、こんなに一途に「好きで好きでって言ってたのに、でも浮気するんだ」とか、ガッカリする方が私は多かったかな(笑)何かこの子を応援してたのに、とか。

 

あと、薫だって、本当に本当にその人が好きで、そして手を出せなかっただけならいいけど、似た子を探しちゃうんだ、みたいな。なんていうか、ガッカリすることの方が私は多かったですけどね。そういうのも含めて面白かったというか、気持ちを追っていくっていう意味では非常に楽しかったです。

 

結果的にすごいですよね。つまり、この物語を彼女が語ろうと思った時に、1000年残るなんて考えてなかったと思うんですね。というのも、1000年という感覚がなかったと思うんですね。作家から見て、結果的に話が残ってしまった。

 

それは何故かというと、色んな風に捉えられる物語を書いたからだと思うんですね。恋愛の物語だという人もいれば、男と女の物語だという人もいたり、色々な風に捉えられる。私が運命を書いた物語じゃないかっていうのも1つの捉え方で、何かそういう読む人によって、こういう物語だ、と思ったり、この人が好きだ、この人が嫌いだってところが非常に柔軟に出来ていると思うんですね。だからこそ、読み継がれてきたわけで、そういう誰のものにもなり得る物語を書いた、というところが1番偉大なところかなと思います。

 

ーナレーションー

源氏物語』の現代語訳という大きな仕事を終えた角田さん。それが今後の角田さんの作品にどのような影響を与えるのか。

 

日本文学のエッセンスが作家と作品を通じて、次の世代に橋渡しされたことは、間違いないようです。

 

角田光代さんによる『源氏物語』の現代語訳は、河出書房新社から発売中。詳しくは河出書房新社、日本文学全集のサイトをご覧下さい。