Podcastなどを文字起こしするブログ

ポッドキャスト版「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」「未来授業」の文字起こしをやっています。「未来授業」は2020年4月分からです。文字起こししてほしいものがあれば、ツイッターのDMに連絡下さい→https://twitter.com/hatake4633

<未来授業>Z世代ビジネス会議 仕事編 第3回「知識がないからこそ」

 

ーナレーションー

先日、TOKYOFMで行われたZ世代会議の模様をお届けします。

 

Z世代は、アメリカでは政治・経済に大きな影響を与える世代として注目され、日本でもこの先10年を担う重要な役割が期待されています。

 

公開収録では、4人のZ世代起業家と同年代の大学生を招待。ニューヨーク在住ジャーナリスト・シェリーめぐみさんがモデレーターを務め、仕事、社会、お金、幸福という4つのキーワードでその価値観に迫りました。

 

今週はその「仕事編」。4人のZ世代起業家がそれぞれ、自分の仕事、起業した理由を語ります。

 

今日は、株式会社タイムリープ代表・仁禮彩香さん。

中学生で最初の会社を立ち上げ、高校生で学校経営に乗り出すなど、同年代で突き抜けた活躍をする仁禮さん。その起業のきっかけとは。

 

未来授業3時間目、テーマは「知識がないからこそ」。

 

シェリ:次に仁禮彩香さん。立ち上げられた会社について教えていただけますか?

 

仁禮:はい。私の会社は株式会社タイムリープという会社で、小・中・高校生向けの教育プログラムを展開していて、これは自分の人生を切り拓いていく力って呼んでるんですけど、お金のこととか、社会のことを小学生も勉強していいんじゃないかな、と思ってるので、実際に子供たちが事業を起こすプログラムを作っていたりとか。

 

普段は、自分について知る機会っていうのが、教育の現場では不足しているように考えているので、自己認識を創造する機会を提供している。

 

あとは、企業さんに向けて、人材開発の支援などを行っていて、例えば、ウチの特色だと子供たちに普段プログラムを提供しているので、それこそZ世代と呼ばれている子たちが企業の逆コンサルのような、メンターのような役割を担って、新規事業開発に携わったりとか、人材開発の支援のチームに入ったりとか、というのが会社の事業になっています。

 

シェリ:そういう小・中・高校生が逆コンサル。私は今の時代は子供に教えてもらう時代じゃないかって、すごいいつも思ってるんで。まさにそれをやられてるんだなってちょっと嬉しくなったんですけど。

 

仁禮:ありがとうございます。

 

シェリ:仁禮さん、いま22歳?

 

仁禮:はい。

 

シェリ:会社を立ち上げたのが中学2年生?

 

仁禮:そうですね。

 

シェリ:きっかけって何だったんですか?

 

仁禮:1つは学校があまりつまらなかった。学校自体は楽しいんですけど、物足りなさを感じていて。今の自分の事業にも繋がっているんですけど、社会について知ることが出来ない。仕事についても知ることが出来なくて、私の興味ってそこにあったので、社会に出ちゃえばいいんじゃないかって思って。その手段として起業して自分で会社を作れば、1番社会の勉強が出来るのかなって思って、結果的に会社を作ることになったっていう感じですね。

 

シェリ:社会の勉強をするために会社を作っちゃった方が手っ取り早い、みたいな形で会社を作られたんだけど、そのアイディアっていうのはどこから出てきたんですか?

 

仁禮:逆にあれですかね。知識がないことによる極端な選択みたいなのもあったのかなって思うんですけど。自分がそれに対しての想像力が限られていて、その中で想像出来たのが起業というものだった。

 

私も三上みたいに、家族が普通にサラリーマンと専業主婦みたいな構成なので、家の影響でとかはないんですけど、どういうところからか、自分で起業という選択肢は想像出来て、それをリスクとかを想定するよりも、それをどうやったら出来るかっていうことをググった方が簡単だったっていう感じなのかもしれないですね。

 

シェリ:会社の作り方もググっちゃうんだ、今はね。いまって会社作るのって簡単っていうのも変だけど、そんなにハードル高いかって感じは感覚的にしないのかな?

 

仁禮:ハードルはどんどん低くなっているんじゃないかなって思いますね。アクセスしようと思えば情報はいっぱいあるし、若手のプレイヤーも確実に数は増えているのは、感覚としてあって。何かをきっかけにして、そういう選択肢があるんだとか、こういうことをやるにはこういう人がいるんだ、みたいなことに接続し出した子たちからは、よりそこにイメージも付きやすいし、支援先も多いんじゃないかなって思います。

 

シェリ:仁禮さんと三上さんの大学のゼミには、、

 

仁禮:半分くらいは起業家だと思います。

 

シェリ:ですよね。

 

三上:どっちかっていうと、そういうコミュニティが出来てきたっていうことだと思うんですよね。昔からいたじゃないですか。女子高生で会社作りました、とか。

 

おそらく、僕が生まれる前からいたんじゃないかと。マーケティングやってます、みたいな。各年でいたと思うんですけど。当時はパトロンがいないと、中々情報とかお金の面で難しかったものが、今はお金も情報もどっちもアクセスしやすくなってる、というのが何かやろうと思った時に、すぐ皆さんが始められるようになってきた要因なのかなって。