Podcastなどを文字起こしするブログ

ポッドキャスト版「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」「未来授業」の文字起こしをやっています。「未来授業」は2020年4月分からです。文字起こししてほしいものがあれば、ツイッターのDMに連絡下さい→https://twitter.com/hatake4633

<未来授業>Z世代ビジネス会議 社会・お金編 第1回「経済システムが担う、教育の多様化」

 

ーナレーションー

 先日、TOKYOFMで行われたZ世代会議の模様をお届けします。

 

Z世代は、アメリカでは政治・経済に大きな影響を与える世代として注目され、日本でもこの先10年を担う重要な役割が期待されています。

 

公開収録では、4人のZ世代起業家と同年代の大学生を招待。ニューヨーク在住ジャーナリスト・シェリーめぐみさんがモデレーターを務め、仕事、社会、お金、幸福という4つのキーワードでその価値観に迫りました。

 

今週はその「仕事編」。4人のZ世代起業家がそれぞれ、自分の仕事、起業した理由を語ります。

 

彼らの起業の原動力となった価値観の軸とは、どんなものなのでしょうか。講師は、中学生で会社を立ち上げ、高校生の時には母校を助けるために買収し、学校経営に乗り込んだ経験のある、株式会社TimeLeap代表、仁禮彩香さん。

 

未来授業1時間目、テーマは「経済システムが担う、教育の多様化」。

 

シェリ:続いてのテーマは「社会」。皆さんの起業したキッカケをお聞きしてきて、社会をビジネスというものを通じて、よりよい方向に変えている風に思えるんだけれども、この社会を変えるということについて、ちょっと考え聞いてみたいんですけどね。まずは仁禮さん。

 

仁禮:私は教育ってジャンルにずっと興味があって、会社を立ち上げて最初の会社でやった事業も教育関係のもので。教育って私たちが生きていく上で、その後の自分の人生をどう捉えるかとか、そういったことに関わる時期だと思ってるので。

 

今の日本がもってる仕組みだったりとかは、もう少し変わっていっていいんじゃないかなって思っていて。私の会社でやってるのは、マネースクールというプログラム1つとっても、学校ではお金の授業をやるっていうことがすごく少なくて。

 

でも自分たちの社会ってどういった仕組みで回っていて、お金はどういう風に生まれていて、それはどんな役割を自分の人生において担っていて、自分はそれとどういう関わりをしていったらいいのかっていうのって、経験で段々わかっていくものでもあるなと思っているので、それが今だと多くの人は、大学を出て初めて雇われて、そこで選択をいきなり強いられて、その中で資本主義のレールに乗っていくっていうラインが多いんですけど、もっと前から自分の価値観と照らし合わせてお金について学ぶことで、生きやすい人生を築きやすくなるんじゃないかなって思っているので、そういうプログラムを提供しているっていうのもありますし。

 

まず教育って、答えが1つじゃないので、個々人に応じて、本当はもっと個別に対応したプロセスが提供出来たらいいのになって思ってるんですね。

 

いま国が提供しているものが素晴らしくマッチする子も絶対いるし、一方で、いまの教育システムの中だと蔑ろにされてしまうケースの子たちに適応するプロセスもあるはずだと思っていて。多様な選択肢が生まれればいいなと思っているので、それは国が全て担わなくても、経済システムの中で担える部分もあると思うし。

 

教育っていう枠自体が、今は義務教育、その後高校っていう形も段々変わってくる可能性も十分あると思っているし。学校に行ったり、外に出たり、また学校に戻ったり、みたいなルートがあっても良いと思っているので、そういうのが多様化していく中で企業が役割を担うことは絶対にあると思っています。

 

ーナレーションー

では、22歳の若き起業家・仁禮さんが自身の価値観と照らし合わせてお金を使うと、どうなるのでしょうか。

 

シェリ:あなたにとってお金ってなんでしょう?

 

仁禮:手段です。すごいシンプルなんですけど、何かをやっていく上で、例えば、お金というものを使わなくても実現出来るんですけど、そこなら効率を求めたりだとか、規模感を求めるときに、お金を介在させることで何かがそれ相応のパフォーマンスで出来るようになったりとかする。

 

私が例えば、通勤がロマンスカーを使ってるんですけど、ロマンスカーの時間を使って、お化粧をしたりとか、ご飯を食べたりとか、仕事をしたりとか、部屋みたいに通勤時間を使いたいと思っていて。それには普通の通勤のお金の払い方よりもお金がかかる。でもそこをそういう風に手段としてとりたいなと思ったら、お金を使うので、そういうものだなというシンプルな回答なんですけど。お金は手段と答えました。