Podcastなどを文字起こしするブログ

ポッドキャスト版「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」「未来授業」の文字起こしをやっています。「未来授業」は2020年4月分からです。文字起こししてほしいものがあれば、ツイッターのDMに連絡下さい→https://twitter.com/hatake4633

<未来授業>Z世代ビジネス会議 第4回「これからの起業家」

2020年4月2日配信の「未来授業」です。

www.tfm.co.jp

 

ーナレーションー

Z世代とは、1990年代後半から2010年頃までに生まれた人たちのこと。番組では、Z世代評論家のシェリーめぐみさんをモデレーターに迎えて、Z世代起業家4人を招き、彼らの価値観に迫る公開ディスカッションを行いました。

 

最後は、この先10年を担う重要な役割が期待され、活躍しているZ世代起業家の4人から同年代のリスナーへのメッセージをお届けします。

 

未来授業4時間目、テーマは「これからの起業家」。

 

シェリ:最後にね、4人の起業家の皆さんに一言ずつ同年代のリスナー、または大人へのメッセージでもいいのでね。誰からいこうかな。三上さん。

 

三上:あ、僕からですね。色々やりたいことが目の前にあって。やっていくうちに結局ゴールがどこかわからなくなったりとか、本当に自分がやりたいことが何なのかっていうのがわからなくなる時期っていうのが、僕もよくあってですね。

 

我々も会社としての事業を大きく分けて4回変えていて。今に落ち着くまでですね。今の事業はもう4年やってるんですけど、それまではほぼ1年に1回くらいの勢いで変えていて。そういう風に色んな機会をいただくこともあったりして。

 

色んな方に怒られながら、我々も約束された成功が見えてるわけでもなければ、すごく長いトンネルで出口がどこにあるかさえわからない。光もどこにもないような状態でずっと進んでいるような状態。

 

そこっておそらく僕と皆さんで、皆さんというのは同年代のリスナーの方々。やりたいことがわからないっていう風におっしゃっているような方々ですね。あんまり違いがないのかなと思っていて。

 

何かやろうとした時に、失敗するとか、目的を見失うって当然あって然るべきなので、それで何か「俺はダメなんだ」っていう風な思考に陥らないで欲しいなと思ったりしてるってところですかね。

 

シェリ:ありがとうございます。次は仁禮さん。

 

仁禮:まず、起業するということが選択肢の1つで、かつ、どういう人がそれにマッチするのかっていうのも、あとどういうタイミングでマッチするかっていうのも不確実性たくさんあるので、それが必ずしも良いものでもないし、私もよく「起業して欲しいですか?」とか、よく取材で訊かれるんですけど、基本的にはあまりオススメしないけど、どうしてもやりたいんだったら、やってみた方が。早くやった方が向いてるから向いてないかを早くわかるかも、っていう風には言っていて。

 

学生とかだったりすると、その分早く学びが得られて、気づきが得られて、自分の候補から外れたりとか、自分にメッチャ向いてるわっていう風にわかったりとか、失敗とか成功からの学びのフィードバックのルーティンが早く回ってるくるので、早い起業っていうのは選択肢としてはあるんですけど、基本的にめちゃくちゃ良いものでも格好良いものでもない、っていうのがあって。

 

あともう1つは、やりたいことっていうワードもあったんですけど、やりたいことじゃなくて出来ることっていうフェーズの考え方もあるので、それが自分にとって、これなら死ぬほど嫌だとは思わず、自分の能力的に出来そう、っていうものを一旦始めてみるっていうのは、その後の気づきにも繋がるし、素晴らしい選択の1つのやり方だっていう風に思います。

 

シェリ:仁禮さん、どうもありがとう。じゃあ次はトミー。

 

冨田:やりたいことが見つからないっていうと、困ったなーって思うかもしれないんですけど。ちょっと言葉を変えて「やりたいことを見つけたい」っていうことだと思うので。それって素敵なニーズだなと思っていて。

 

「やりたいこと見つけたい見つけたい!」みたいな感じで、周りの人も「この子はやりたいこと見つけたい人なんだ」みたいな。「こんなのどう?こんなのどう?」みたいな、訊いてくれる人が周りに出てくるかもしれないな、と思いました。

 

シェリ:トミー、どうもありがとう。じゃあ最後に宙くんから。

 

小林:僕は今種屋として色々やっているわけですけど、今後もそれを続けていくことは続けていくと思うんですけど、それで生計を立てていこうとか、それだけで生活していこうという風には全く思ってなくて。別に普通に他のところに就職したりなんなりして、生計を立てながらやっていこうかなと思ってます。

 

これからは、ただ起業するとか、ただどこかで勤め上げるというよりは、副業的に色んなことをやっていくというのが世の中のスタンダードになっていくんじゃないかなと、僕は勝手に予想しているので。

 

就職するにしても起業するにしても、そこがゴールではないというか。やったから良いというわけではなくて、この先どうなるかわからないですし、色んなところに勤めてもいいと思うので、今に留まらず色んなことを自分もやっていけたらいいと思いますし。聴いてる皆さんも色々やっていただけたら良いんじゃないのかな、と高校生ながらに思っております。はい。

 

シェリ:どうもありがとう。私が最後に言えるとしたら、私はニューヨークに住んでてね、ニューヨークのZ世代の子たちと触れ合うことが多いんだけど、皆さん、ちゃんと世界と繋がってるなって思った。色んな意味で。価値観とかね。そうやって一生懸命に生きてる部分で、全然内向きじゃないなって今話聞いてて思いました。どうもありがとうございます。