Podcastなどを文字起こしするブログ

ポッドキャスト版「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」「未来授業」の文字起こしをやっています。「未来授業」は2020年4月分からです。文字起こししてほしいものがあれば、ツイッターのDMに連絡下さい→https://twitter.com/hatake4633

<未来授業>山田コンペーさん 第4回「オンライン時代のマネタイズ」

2020年5月21日配信の「未来授業」です。

www.tfm.co.jp

 

ーナレーションー

今週の講師は、ポータルサイト「給料BANK」が話題のポータルサイター、山田コンペーさん。

 

「給料BANK」のコンセプトは「一億総かっこいい職業」。職業そのものを擬人化し、ロールプレイングゲーム風なイラストと共に紹介しています。

 

その「給料BANK」が5月末、ブラックチェーン連動で、すべての職業に神が宿る「ジョブトライブス」というカードバトルゲームとしてスタートすることになりました。

 

注目すべきは、そのマネタイズの手法。山田さんは、プレイヤーにもクリエイターにも収益を還元すべきだと考えています。これが広がれば、オンラインでコンテンツや作品を提供しても、収益化が難しかったアーティストやクリエイターに新たな希望の光が差すことになります。

 

未来授業4時間目、テーマは「オンライン時代のマネタイズ」

 

山田:「ジョブトライブス」は、職業をRPG化して描いて話題になった「日本の給料&職業図鑑」という書籍が原案となって、オンラインカードバトルゲームになりました。

 

ストーリーは、漫画で出てくるスマホゲーム「ジョブトライブス」とそっくりな世界に転生してしまった龍新人(リュウ・ニイト)という主人公、彼が異世界で出会った仲間と共にそれぞれの運命を確認する旅に出る、というストーリーなんですね。

 

「ジョブトライブス」の中の職業は、「職業神」「ジョブ・ロード」と呼ばれていて、主人公たちは職業神を召喚して敵とバトルを行う。現代にある職業の仕事内容やスキルが、必殺技名になってたりしてるので、自分の職業がどんな名前にになっていて、どんな能力になってるのかも楽しめます。

 

あとRPGと同じように、育成システムや職業神カードを集めるコレクターの部分の楽しみもあったり、有名漫画家や有名イラストレーターが職業神のイラストを描いてるので、楽しみ方も数百倍あると思います。

 

あと、ゲーム内で稼いだ金が仮想通貨に変換出来るというシステムがありまして、今までゲームは課金をするというものだったんですけど、全く新しい仕組みに挑戦してるというのが「ジョブトライブス」というゲームです。

 

カードをオークションで売るんですけど。職業神カードを。その売り上げの何%かをブロックチェーンの仕組みを使って、元のイラストレーターさんに還元するっていう仕組みを今作っています。

 

今まで課金型のゲームというのは、こちらがお金を消費してゲームに投資して、そこからクリエイターさんには何も還元されていなかったという感じで、その辺も見越して、クリエイターさん第一にしたいという思いもあって、新しいマネタイズの仕組みを導入してみたっていうのが始まりですかね。

 

ーナレーションー

全ての職業に改めてスポットを当てる「給料BANK」は今後、どう発展していくのでしょうか。

 

山田:ジョブトライブスが世界展開を今しているので、国内のジョブイラストも増やしつつ、今後は世界の固有な職業が沢山あるので、そちらをRPG化して世界中にローカライズ出来たらいいなと思ってます。

 

世界の職業を網羅した世界にたった一つの図鑑を、各国の言語で作れたら凄い面白いなと思って、世界中にこの図鑑を届けたいなと思ってます。

 

ーナレーションー

500種以上の職業を編纂してきた山田さんは、仕事選びの基準をこんな風に話しています。

 

山田:求人情報を見た時に「給料BANK」を見ていただいて、平均から低いのか高いのか、それも一つの判断になると思います。

 

低いのであれば、地域によって物価の違い。例えば、沖縄と東京と比べたら全然違うんで、そういう差もありますけど、自分がこの給料を見て低い、というのであれば、その業界はやめた方がいいと思います。そこで働くのは絶対やめた方がいいと思います。

 

ただ給与が低くても3年働けば、それなりの実力がつくので、3年最低でも働いて、次へのステップアップのために今回は我慢するという方もいらっしゃるので、そういう計画をちゃんと立てているのであれば、ある程度給料が低くても呑めるんじゃないかと思います。

 

ーナレーションー

最後は、山田コンペーさんから就活中の方へメッセージです。

 

山田:コロナの影響でかなり厳しい就活になってると思います。私も20代前半の時に夢が破れて挫折した、かなり紆余曲折したこともあるんですけど、いま現在人生面白く過ごしています。

 

第一希望の夢が破れても悔いがあるので、常に考え続ければ、いつかきっと明るい道が見えてくることもあるので、挫折をしても諦めずに頑張ってほしいなと思います。

 

私の尊敬する大手の社長さんが、60歳になっても「まだ模索し続けているよ」という話を聞いたので、一生模索し続けると思うので、次があるさと思って明るく頑張って下さい。

 

情報収集が一番の武器になるので、このコロナで家にいる時間があるからこそ、情報収集やスキルを磨いたりするのは、一つの手かと思います。

 

あと、不安につけ込む簡単に稼げるとかっていう変な情報商材屋も、このコロナのご時世に暗躍しているそうなので、そういうのには引っかからないようにちゃんと自分の道を見据えて、明るく楽しく生きていければ、人生上手くいくと思います。