鈴木敏夫のジブリ汗まみれを文字起こしするブログ

ポッドキャスト版「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」の文字起こしをやっています。https://twitter.com/hatake4633

磯部澄葉さん 舞台『千と千尋の神隠し』を観て(後編)

2022年3月27日配信の「鈴木敏夫ジブリ汗まみれ」です。

https://podcasts.tfm.co.jp/podcasts/tokyo/rg/suzuki_vol729.mp3

 

磯部

2階席って下の方まで見えるんですけど、オーケストラいないなって、ずっと思ってたんですよ。

 

鈴木

気になるのよ。音楽が。

 

磯部

でも音源じゃないしっていうので、最後のカーテンコールの時に「え、ここなんだ」っていうすごい衝撃でしたね。

 

鈴木

久しぶりに標準語喋ってるのよ。

 

桜井

ずっと標準語で喋ってますよね?

 

鈴木

ラジオだから、他所行きに。

 

桜井

今日は他所行きの(笑)

 

磯部

いや、先生なんですよ(笑)

 

ーナレーションー

鈴木敏夫ジブリ汗まみれ。

 

今週も先週に引き続き、金城学院大学准教授の磯部澄葉さんをお迎えして、東京帝国劇場で行われている舞台『千と千尋の神隠し』について鈴木さんと語ります。

 

ですが、今週は名古屋についてのこんなお話から。

 

注:「桜井」というのは、桜井玲奈さん。スタジオジブリのプロデューサー室で鈴木さんのアシスタントをされている方で、「鈴木敏夫ジブリ汗まみれ」担当もされています。

続きを読む

磯部澄葉さん 舞台『千と千尋の神隠し』を観て(中編)

 

鈴木

この3時間の中に要素を全部入れる、それは大変だよなと思ってて。その大変さをゲネプロの時にはちょっと感じちゃったのよ。でも今日はそうじゃないのよ。ゆとりがあるのよ。そうすると、面白いもんだなーと思ったね。やっぱり生き物だね。芝居って。全然変わるもん。おまけにストーリーも、俺は違って見えたんだよね。どうだったの?

 

磯部

私はですね、1回目の時は演出とかもすごく気になってたので、そっちにも目が行ってたんですね。今日はカオナシインパクトというのが出てたなっていうのもありましたし、夏木マリさんが演じる湯婆婆と銭婆、特に銭婆の印象もグッときました。

 

鈴木

今日の方が強烈だったもん。ゲネプロの時は銭婆も湯婆婆も同じ人に見えたのよ(笑)でも今日はキャラクター変えてるの。夏木さんが。ね?

 

磯部

違いましたね。演じ方を変えられてたりして、素晴らしい。

 

鈴木

芝居ってね、早めに行くもんじゃないね。1ヶ月の公演があったら、後ろの方で観た方が面白そう。

 

ーナレーションー

鈴木敏夫ジブリ汗まみれ。

 

今週も先週に引き続き、金城学院大学准教授の磯部澄葉さんをお迎えして、東京帝国劇場で行われている舞台『千と千尋の神隠し』について、鈴木さんと語ります。

 

今週はこんなお話から。

 

注:「桜井」というのは、桜井玲奈さん。スタジオジブリのプロデューサー室で鈴木さんのアシスタントをされている方で、「鈴木敏夫ジブリ汗まみれ」担当もされています。

続きを読む

舞台『千と千尋の神隠し』の初日記者会見&磯部澄葉さんの感想(前編)

2022年3月13日配信の「鈴木敏夫ジブリ汗まみれ」です。

https://podcasts.tfm.co.jp/podcasts/tokyo/rg/suzuki_vol727.mp3

 

ーナレーションー

鈴木敏夫ジブリ汗まみれ。

 

今週は、3月3日に東京帝国劇場で行われた舞台「千と千尋の神隠し」の初日記者会見の模様と金城学院大学准教授・磯部澄葉さんをお迎えして、舞台を観た感想を鈴木さんと語ります。

 

記者会見は、千尋役の橋本環奈さんと上白石萌音さん、湯婆婆・銭婆役の夏木マリさんと朴璐美さんが登壇し、MCを青蛙役のおばたのお兄さんがつとめました。

 

(この文字起こしでは、記者会見部分は割愛し、その後の鈴木さんと磯部さんの対談から始まっています)

 

注:「桜井」というのは、桜井玲奈さん。スタジオジブリのプロデューサー室で鈴木さんのアシスタントをされている方で、「鈴木敏夫ジブリ汗まみれ」担当もされています。

続きを読む

ゲスト:阿川佐和子さん、宮崎吾朗さん、親子が不思議で面白い?

2008年7月9日配信の「鈴木敏夫ジブリ汗まみれ」です。

http://podcasts.tfm.co.jp/podcasts/tokyo/rg/suzuki_vol40.mp3

 

ーナレーションー

『ポニョ』が波紋を広げています。

 

押井:あのお母さん、何のためにウチへ帰ったの?

 

鈴木:ウチへ帰ってる?

 

押井:ウチへ帰ってからもう一回ひまわりに戻ってるじゃない?

 

ーナレーションー

試写を観た人から議論が噴出。

 

押井:あれは若い時の宮さんだよね?忙しくて家に帰れないんだって。それでも健気に待ってくれる妻と息子であって欲しかった。あれは吾朗くんでしょ?だって。

 

ーナレーションー

映画『崖の上のポニョ』を巡って、毎日熱い議論が交わされています。

 

鈴木:『インディー・ジョーンズ』観た?

 

押井:うんうん。

 

鈴木:観てない?

 

押井:観てないよ。

 

鈴木:面白かったの。なんでかっていったら、親父と子供。

 

押井:宗介って吾朗くんじゃないの?

 

鈴木:みんなさ、なんで親と子が出てくるの?これ。

 

押井:どういう意味があるんだって訊いてるんだよ。

 

鈴木:宮さんもそうだし押井さんもそうだし。

 

ーナレーションー

そんな中、今夜れんが屋を訪れたのは、小説家を父にもつ一人の女性です。

 

鈴木:やっぱり書くの好きなんですね?

 

阿川:何を?絵をですか?

 

鈴木:文章。

 

阿川:文章?好きじゃないですよ(笑)好きじゃありません。

 

鈴木:やっぱりお父様が作家だったっていうのは大きいんですか?

 

ーナレーションー

鈴木敏夫ジブリ汗まみれ。

 

この番組は、ウォルト・ディズニー・ホームエンターテインメント、読売新聞、“Dream Skyward"JAL、"街のホットステーション"ローソン、アサヒ飲料の提供でお送りします。

続きを読む

ゲスト:岸本卓さん ポニョ、完成!

2008年7月1日配信の「鈴木敏夫ジブリ汗まみれ」です。

http://podcasts.tfm.co.jp/podcasts/tokyo/rg/suzuki_vol39.mp3

 

ーナレーションー

ポニョが出来あがりました。

 

男性A:すんごい本当に良かったですよ。

 

女性A:どこか知らない国に連れて行ってくれたかのような。

 

男性B:冒頭からずっと泣きっぱなしで。

 

男性C:これは世界中の人が不思議な涙を流す映画だと思います。

 

ーナレーションー

ポニョが出来あがりました。そして、関係者やスタッフへの試写が始まりました。

 

男性D:泣きました。ずっと。

 

男性E:ど迫力。アニメでしか出来ない表現を使った、最高のアニメーション映画が出来上がったと。

 

女性B:もう本当に大好き!っていうのが一番合ってるっていう。ポニョが「好き!」っていうのと同じくらい、こっちも「大好き!」って言いたくなる映画でした。

 

男性F:子供がストレートに感情を表現することって、自分の子供の成長を見ると驚くことがあるんですけど。そういうものとちょっと重なったりするんですよ。

 

女性C:色々想像力が膨らんだりとか、自分が観た時に素直に感動出来るっていうのがすごく嬉しかったです。

 

男性G:僕の後ろ天海(祐希)さんだったで、同じところで笑って同じところで泣いてて。最後観終わった後、顔を見合わせて天海さんすごい感動した顔をされてたんでね。

 

男性H:とても67の親父が作った映画とは思えない。

 

女性D:あんだけ言葉がなくても絵で魅せちゃう力っていうのは、やっぱり凄いなと思いますよね。

 

女の子:面白いからぜひ観てほしいです。

 

ーナレーションー

ジブリのスタッフも全てが繋がった『ポニョ』の完成作品を観るのは、ほとんどの人が初めて。なんだかみんな興奮気味です。

 

『ポニョ』の製作中にディズニーからやってきたこの方も。

 

星野ジブリの社長、星野です!ずっと変わってないんだけど、宮崎さん鈴木さん、生きてるでしょ?高畑さんも元気でいらっしゃるし、吾朗ちゃんもいるし。その生きてる渦の中にいられるっていうのがものすごい感激ですね。

 

鈴木さんも言ってたんですけど、宮崎駿が進化してる。67歳ですよ?いま刻々と変化してる渦の中に自分が巻き込まれてるっていうことに震えを感じるくらい、背筋がゾクッとするぐらいの感覚を持ってますね。

 

ーナレーションー

そんな中、一人の青年が今夜れんが屋にやってきました。そのなんか冴えない風体の青年は、実は、、、

 

鈴木:最近、何してるの?ナヨ。

 

岸本:僕は高畑さんの、、、

 

鈴木:の、何してるの?

 

ーナレーションー

『ポニョ』の生みの親なんです。

 

鈴木敏夫ジブリ汗まみれ。

 

この番組は、ウォルト・ディズニー・ホームエンターテインメント、読売新聞、"Dream Skyward"JAL、“街のホットステーション"ローソン、アサヒ飲料の提供でお送りします。

続きを読む

救いのない世界に絵を描く? ゲスト:橋口亮輔さん、リリー・フランキーさん

2008年6月17日配信の「鈴木敏夫ジブリ汗まみれ」です。

http://podcasts.tfm.co.jp/podcasts/tokyo/rg/suzuki_vol37.mp3

 

リリー:急にレンガが。

 

鈴木:だからレンガ屋って名前。わかりやすいんです。どうもはじめまして。ジブリの鈴木です。

 

橋口:よろしくお願いします。

 

鈴木:今日はありがとうございます。

 

リリー:使い込んだ雪駄が置いてあると、すぐ鈴木さんのだとわかりますね。

 

鈴木:そうですか(笑)なんかかしこまっちゃって(笑)

 

女性:リリーさん、タバコ吸われますか?

 

リリー:はい。

 

鈴木:あ、そうなんですね。それは嬉しいです。僕はばかばか吸う方なんで。

 

リリー:ラジオをしながらタバコを吸えるのって、一番良いですよね。

 

鈴木:最近、ラジオ局も難しくなっちゃったんですよね?

 

リリー:ほとんどダメなんじゃないんですかね。

 

鈴木:ダメですよね?昔はばかばか吸えたのに。映画を観させていただいて、ありがとうございました。

 

橋口:とんでもないです。コメントをいただきましてありがとうございます。

 

鈴木:僕のコメント、役に立たないだろうなと思って心配だったんです(笑)

 

橋口:凄いなと思いましたよ。

 

鈴木:え?

 

橋口:だって『ポニョ』がもうすぐ公開なのに、人の映画にコメントをくれるなんてと思って。本当にビックリして嬉しかったです。ありがとうございます。

 

ーナレーションー

鈴木敏夫ジブリ汗まみれ。

 

この番組は、ウォルト・ディズニー・ホームエンターテインメント、読売新聞、"Dream Skyward"JAL、“街のホットステーション"ローソン、アサヒ飲料の提供でお送りします。

 

鈴木敏夫ジブリ汗まみれ。

続きを読む

スポンサーシリーズ第5回! 街のホットステーション山崎さんの決意とは ゲスト:山崎文雄さん

2008年5月30日配信の「鈴木敏夫ジブリ汗まみれ」です。

http://podcasts.tfm.co.jp/podcasts/tokyo/rg/suzuki_vol34.mp3

 

鈴木:若い人は知らないかもしれないけれど、中村錦之助の映画でまたたびものっていうんですけど、『関の弥太ッぺ』っていう映画があったんですよ。山下耕作っていう人が監督なんですけどね。その中にこんなセリフがあったんですよ。「この世間っていうのは辛えこと、悲しいことがいっぱいある。だけど、忘れるこったあ。忘れて日が暮れりゃ明日が来る」って。これ、結構ジーンとくるセリフなんですよ。というのか生きる知恵ですよね。

 

ーナレーションー

鈴木敏夫ジブリ汗まみれ。

 

この番組は、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホームエンターテインメント、読売新聞、"Dream Skyward"JAL、"街のホットステーション"ローソン、アサヒ飲料の提供でお送りします。

続きを読む