Podcastなどを文字起こしするブログ

ポッドキャスト版「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」「未来授業」の文字起こしをやっています。「未来授業」は2020年4月分からです。文字起こししてほしいものがあれば、ツイッターのDMに連絡下さい→https://twitter.com/hatake4633

<未来授業>森山直太朗さん・御徒町凧さん 第4回「自分の心の中にある声を聴こう」

2020年6月11日配信の「未来授業」です。

www.tfm.co.jp

 

ーナレーションー

今週の講師は、シンガーソングライターの森山直太朗さん、そして、森山直太朗さんの共同制作者でもある詩人・御徒町凧さん。

 

最終日の今日は、お二人が若い世代に伝えたいことをお話いただきました。

 

未来授業4時間目、テーマは「自分の心の中にある声を聴こう」

 

続きを読む

<未来授業>森山直太朗さん・御徒町凧さん 第3回「コロナ時代の、音楽ビジネス」

2020年6月10日配信の「未来授業」です。

www.tfm.co.jp

 

ーナレーションー

今週の講師は、シンガーソングライターの森山直太朗さん。そして、森山直太朗さんの共作者でもある詩人・御徒町凧さん。。

 

当たり前だった日常が突如奪われ、混沌としつつも様々な想いや発見があった2020年春。もともと予定していたコンサートが延期となるなど、直太朗さん自身、音楽活動の先行きは見通せていません。

 

そんな中生まれたのが、森山直太朗さんの新曲「最悪な春」。この曲を歌うことで、方に入っていた力が開放されたと直太朗さんは話します。

 

未来授業3時間目、テーマは「コロナ時代の、音楽ビジネス」

 

続きを読む

<未来授業>森山直太朗さん・御徒町凧さん 第2回「最悪な、春」

2020年6月9日配信の「未来授業」です。

www.tfm.co.jp

 

ーナレーションー

今週の講師は、シンガーソングライターの森山直太朗さん、そして森山直太朗さんの共作者でもある詩人・御徒町凧さん。

 

新型コロナウイルス感染症により、当たり前だったはずの日常が突如奪われた2020年春。二人は、自粛生活の中で、ある曲を作り上げました。

 

未来授業2時間目、テーマは「最悪な、春」

 

続きを読む

<未来授業>森山直太朗さん・御徒町凧さん 第1回「何もないところから、何かが生まれる」

2020年6月8日配信の「未来授業」です。

www.tfm.co.jp

 

ーナレーションー

今週の講師は、シンガーソングライターの森山直太朗さん、そして森山直太朗さんの共作者でもある詩人・御徒町凧さん。

 

高校時代、  サッカー部の先輩・後輩という間柄からスタートした二人。

最初に曲作りをしたのは「文化祭でリベンジを果たしたい」という御徒町さんの強い思いがきっかけだったといいます。

 

今も変わらない二人の曲作りの原動力とは。

 

未来授業一時間目、テーマは「何もないところから、何かが生まれる」

 

続きを読む

<鈴木敏夫のジブリ汗まみれ>CS人気番組「この映画が観たい」との共同企画「鈴木敏夫のオールタイムベスト」(後編)

2015年10月29日配信の「鈴木敏夫ジブリ汗まみれ」です。

podcasts.tfm.co.jp/podcasts/tokyo/rg/suzuki_vol394.mp3

 

鈴木:僕そんな色んな人と通用しないですよね。やっぱり相性が良かったんです。宮崎駿とは。そして高畑勲とは。もうそれだけ。押井守も仲良かったんですけどね(笑)

 

出会ったのが29。そして今日でしょ。もうほとんど青春の全てを捧げたわけで。返して欲しいですよね(笑)だって宮崎駿っていう人はね、映画作る以外に能力あんまりないですよね。だとしたら、最後までそれやり続けるしかないんじゃないかな。

 

この間、高畑さんにね、「宮さんまたショートフィルムやるんで。僕は死ぬまで宮さん映画作ったらどうかと思ってるんですけど」って言ったら高畑さんが「そうだね。宮さんは作り続けたらいいよ」とか言っちゃってね。そう言ってましたけどね。

 

ーナレーションー

鈴木敏夫ジブリ汗まみれ。

 

今週は、8/2に放送したCS映画専門チャンネルムービープラス」の人気オリジナル番組「この映画が観たい」との共同企画「鈴木敏夫のオールタイムベスト」後編をお送りします。

 

鈴木さんが大好きというウディ・アレンについてや、ジブリ作品の裏話など、エピソードを交えておすすめ映画を紹介します。まずは前回お伝え出来なかったこんな映画のお話から。

 

続きを読む

<未来授業>武藤真祐さん 第4回「手術すらいらない医療」

2020年6月4日配信の「未来授業」です。

www.tfm.co.jp

 

ーナレーションー

今週の講師は、株式会社インテグリティ・ヘルスケア代表取締役・会長の武藤真祐さん。

 

現役のドクターで、オンライン診療システム「YaDoc(ヤードック)」のサービスを提供をする起業家でもありますが、その活動の原点は「在宅医療」だったそうです。

 

東日本大震災の直後に、宮城県石巻市に在宅医療の拠点を作るなど、地域医療の課題に向き合う中、その延長線上にあったのが、オンライン診療をはじめとしたテクノロジーを活用した医療でした。

 

未来授業4時間目、最後はIT・AI・5Gなど、これから加速度的に発展していく技術が、医療の分野に何をもたらすのか、武藤さんの考えをお聞きします。テーマは「手術すらいらない医療」

 

続きを読む

<未来授業>武藤真祐さん 第3回「医療格差とオンライン診療」

2020年6月3日配信の「未来授業」です。

www.tfm.co.jp

 

ーナレーションー

今週の講師は、株式会社インテグリティ・ヘルスケア代表取締役・会長の武藤真祐さん。

 

東大病院など国内の病院勤務、宮内庁の侍医を経て、マッキンゼー・アンド・カンパニー経営コンサルタントを経験。2009年にインテグリティ・ヘルスケアを設立し、2015年頃から医療ITのサービス、またオンライン診療システム「YaDoc(ヤードック)」のサービスを続けています。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、特例的に規制緩和され、医療機関にも広がり始めたオンライン診療。実はこれ、海外と比較すると、かなり遅れを取ったものなのだそうです。これはなぜなのでしょうか。

 

未来授業3時間目、テーマは「医療格差とオンライン診療」

 

続きを読む