鈴木敏夫のジブリ汗まみれを文字起こしするブログ

ポッドキャスト版「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」の文字起こしをやっています。https://twitter.com/hatake4633

ゲスト:土屋敏男さん 今振り返る第2日本テレビ・土屋編集長との対談

2008年11月4日配信の「鈴木敏夫ジブリ汗まみれ」です。

https://podcasts.tfm.co.jp/podcasts/tokyo/rg/suzuki_vol57.mp3

 

ーナレーションー

「野球はもう終わった。中日が出ない日本シリーズは意地でも見ない」

 

退屈な三連休の夜に、一人ギターを掻き鳴らしていた鈴木さんは、ふとこう呟きました。

 

第2日本テレビでも見るか」

 

鈴木

あのね、確かにその通りなんですけど、もうすぐ出来ちゃうわけでしょ?大概そうなんですけど、辛いんですよね。完成して欲しくないっていう気持ちがどっかにあるんですよ。

 

土屋

え?

 

鈴木 

僕、いつもそうなんですよ。だって終わっちゃうわけでしょ?この間が。それが終わることはわかってるんだけれど、それを迎える日までは辛いんですよ。いま0号っていうのが六月二十三日。数えたら、もうあと一ヶ月ちょっとでしょ?本当にこの間をどうやって自分を充実させて生きるかっていうことをいま一生懸命考えてるんですけどね。なんか死を宣告された気分みたいなんですよね。出来たものを人に見せないといけないでしょ?これは辛いですよね。どっかにあるんですよね。それ。見せたいっていう気分と見せたくないっていう気分、両方あって。いまはどっちかっていうと、見せたくないっていう気分(笑)何でですかね?毎回そうです。何でもそうなんじゃないですかね。楽しみに待ってることって、そこへ辿り着くまでは楽しいけれど、もう始まっちゃうと「あれ?こんなんだっけ?」ってよくあるじゃないですか。

 

土屋

完成しちゃったら、ゴールですもんね。

 

鈴木

見ちゃったら終わりだもんね。

 

ーナレーションー

それは日本テレビの動画ポータルサイト第2日本テレビ」のジブリチャンネルから、この六月配信された『ポニョ』を巡るインタビュー。第2日テレの土屋敏男編集長と、鈴木さんの対談です。

続きを読む

ゲスト:CHAGEさん 人生の秋を生きる男が見る"モテる男"とは?

2008年10月28日配信の「鈴木敏夫ジブリ汗まみれ」です。

https://podcasts.tfm.co.jp/podcasts/tokyo/rg/suzuki_vol56.mp3

 

鈴木

五十才?

 

CHAGE

はい。五十です。

 

鈴木

ちょうど十才違うんで。

 

CHAGE

男は還暦っていうのがあるじゃないですか。

 

鈴木

この間なったんです。

 

CHAGE

鈴木さん、そうじゃないですか。六十才になると暦が回る、元に戻るっていうことで還暦。男はちゃんちゃんこを着せられるわけじゃないですか。何故か知らないですけど。そうなった時に僕はいま五十なんですけど、あと十年あるんですよ。そのイベントまで。避けて通れないイベントまで。六十までの十年間がすっごい大事だなと思って。安土桃山の時代、織田信長の時代だったら人生五十年だから死んじゃってるんですよね。だからあの時代だったら、「ああ、CHAGE寿命だったな」ですけど、いまそういうわけにいかないじゃないですか。

 

鈴木

長いですよ。

 

CHAGE

僕らの直属の先輩でも、六十才の人がコンサートツアーをドーンとやってらっしゃる。「ロックだぜ!」とかやってるわけじゃないですか。

 

鈴木

僕は六十になったら歳をとると思ってたんですよ。ならない。

 

CHAGE

それは十年年下の僕から言わせると、有り難い言葉ですね。

 

鈴木

で、僕は悟ったんですよ。人間っていうのはたぶん明日死ぬっていう一日前、初めて歳をとるんじゃないかって。

 

ーナレーションー

秋も深まった日曜日の夜、れんが屋にはなんだか温かい笑い声が響いています。

 

今夜、れんが屋を訪れたのは、そんな深まる秋のような色づく秋のような方。あのCHAGE&ASKACHAGEさんです。

続きを読む

かつての同級生、谷山浩子さんと奥田誠治さんがれんが屋で再会! ゲスト:谷山浩子さん、奥田誠治さん

2008年9月30日配信の「鈴木敏夫ジブリ汗まみれ」です。

https://podcasts.tfm.co.jp/podcasts/tokyo/rg/suzuki_vol52.mp3

 

鈴木 

でも僕タイガースが好きだったんですよ。

 

奥田 

中日じゃなくて?(笑)

 

鈴木 

いやいや(笑)ゴールデン・カップスも好きだったんだけど、タイガース好きでしたね。

 

谷山 

どんなところが好きだったんですか?

 

鈴木 

ジュリーが好きだったの。ちょうどその時18なんだけど、「あ、日本にこういうのが出てきた」っていうので嬉しくて。ただそれだけですけどね。

 

谷山

じゃあ同じくらいですね。

 

鈴木

ジュリーと同い年なんですよ(笑)

 

谷山

あ、そうなんだ!

 

奥田

今度、ジュリー祭りってあるんですよ。

 

谷山

え、いつ?

 

奥田

11月かな。あれ僕見に行きたいなって(笑)

 

鈴木

どの歌が一番好きだっだんですか。ジュリー。

 

谷山

「美しき愛の掟」です。

(ここで歌を歌う)

 

ーナレーションー

また一つ季節が巡って、いつの間にか秋も深まった9月最後の日曜日。れんが屋には懐かしい1960年代のタイガースの歌がこだましていました。

 

鈴木

奥田さんはテンプターズ

 

奥田

いや、僕スパイダース。

 

鈴木

あ、スパイダースか。

 

奥田

「あの時君は若かった」とかね。

 

(みんなで歌を歌う)

 

ーナレーションー

歌っているのはかつて同じ学校に通っていた同級生だった二人。シンガーソングライターの谷山浩子さんと、おなじみの日本テレビのプロデューサーの奥田誠治さんです。

 

鈴木 

ショーケンとかはああいうのはダメだったんですか?

 

奥田

ショーケンショーケンで好きだったですよ。

 

ーナレーションー

ちょっと肌寒くなってきて、人肌恋しい秋の夜。れんが屋はなんだか不思議な温かさに包まれています。

 

谷山

私ね、生まれて初めて買ったレコードって、三田明さんの「カリブの花」っていう。

 

奥田

ませてたんですね。ドキドキしちゃって買いに行けなかったですもん。

 

谷山

レコードを?

 

奥田

レコード屋に行って、本当は買いたかったのにタイトルが恥ずかしくて(笑)

 

鈴木

(笑)

 

谷山

男の子だからでしょ?

 

奥田

そう。初めて買ったのは、SLの絵のドーナツ版をね(笑)

 

鈴木

(笑)

 

ーナレーションー

鈴木敏夫ジブリ汗まみれ。

 

この番組は、ウォルト・ディズニー・ホームエンターテインメント、読売新聞、"Dream Skyward"JAL、"街のホットステーション"ローソン、アサヒ飲料の提供でお送りします。

 

鈴木敏夫ジブリ汗まみれ。

続きを読む

鈴木さんが尊敬する脚本家 山田太一さんがれんが屋に! ゲスト:山田太一さん

2008年9月16日放送の「鈴木敏夫ジブリ汗まみれ』です。

https://podcasts.tfm.co.jp/podcasts/tokyo/rg/suzuki_vol50.mp3

 

鈴木

そんなわけでいっぱい観てるんですよ、僕。僕が学生ですから40年ぐらい前なんじゃないですかね。ちょっとわかんないですけど。そういう年号って全然覚えられない方なので。ヒット作はもう全部。

 

山田

もう始まってるんですか?(笑)

 

鈴木

山田さんの場合は、僕の勝手な思いですよ?どこかに常に道徳っていう問題があるんですよ。失われつつある。それの蘇らせ方が凄い絶妙で。今の時代を見て話を作るっていうのは、山田さんの専売特許だったんですよ。だから僕なんかはそれをテレビその他で観て、ずいぶん勉強した世代ですよね。実に捉えてらっしゃるんで。

 

ついでだから言っちゃいますけど、山田さんのファンだったっていうのもあって山田さんに二回ぐらいシナリオを依頼に行ってるんですよ。釣れなく断られました(笑)

 

山田

いやいや。恐れ多くて。

 

鈴木

いやいや、とんでもない!(笑)

 

ーナレーションー

鈴木敏夫ジブリ汗まみれ。

 

この番組は、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホームエンターテインメント、読売新聞。“Dream Skyward"JAL、"街のホットステーション"ローソン、アサヒ飲料の提供でお送りします。

続きを読む

『君たちはどう生きるか』を観た感想を語る。(前編) ゲスト:磯部澄葉さん、依田謙一さん、櫻井玲奈さん

2023年8月6日放送の「鈴木敏夫ジブリ汗まみれ」です。

https://podcasts.tfm.co.jp/podcasts/tokyo/rg/suzuki_vol799.mp3

 

鈴木

依田っちさ、泣いちゃったの?

 

依田

ちょっと不覚にもっていうか(笑)もう今思い出すだけでもヤバいんですよ。

 

鈴木

え?なんで?

 

依田

僕は早くも2回目なんですけど、1回目はとにかく圧倒されて、正直何がなんだかわからないまま終わっちゃったんですよ。実は。で、整理出来なくて、どこかで早く2回目を観たいなと思ったのが1回目の後の状態だったんです。これは鈴木さんの宣伝お陰というか、せいで、とにかく何の情報もないじゃないですか。いっぺんに色んな情報が押し寄せてきたわけですよ。あれが。

 

それで2回目を観て。宮崎さんって、ずっとおっしゃってることがあるわけですよ。それはですね、、、

 

ーナレーションー

鈴木敏夫ジブリ汗まみれ。

 

今週と来週は、現在全国の映画館にて上映中の、宮崎駿監督10年ぶりとなる長編アニメーション映画『君たちはどう生きるか』を観た感想を鈴木さんと語ります。

 

出演は、金城学院大学准教授の磯部澄葉さん、日本テレビの依田謙一さん、そして鈴木さんです。

続きを読む

今週はベニス汗まみれ!

2008年9月9日放送の「鈴木敏夫ジブリ汗まみれ」です。

http://podcasts.tfm.co.jp/podcasts/tokyo/rg/suzuki_vol49.mp3

服部:汗まみれのプロデューサー

伊平・細川:鈴木さんの部下。ポニョでは宣伝担当。

星野:星野康二。スタジオジブリの社長。

 

鈴木 

夏真っ盛り。ベネチアの鈴木です。凄く暑いです。

 

細川

藤巻さん藤岡さんは、ちなみに今日『崖の上のポニョ』のTシャツを着て、ポニョをちょっと歌ったんですね。

 

鈴木

ベネチアはね、来るたびにいつも思います。この街は浅草観音だと。

 

星野

5分後とかにもう一回かけていいですかね?

 

細川

人々がみんな元気ですね。8:30にはみんな活動をしていて。凄く開放的で。

 

鈴木

サン・マルコの広場に行ったんですよ。そこでお茶を飲んでいたら、楽団の人が僕らを見つけて「上を向いて歩こう」を演奏してくれました。凄く嬉しかったですね。僕なんか手を振ったりして。

 

星野

暑い。ひたすら暑い。

 

細川

藤岡さんの面白い発言は、お土産さんが何百店舗とあるんですね。「この街に本当に必要なものは何もない」と言ってました。

 

鈴木

宮さんは藤岡藤巻を見た途端に「のぞみちゃんは来てないな」って、来てないことがわかると残念な声を出していました。

 

伊平

私はビデオを回していました。途中で大事な時に電池が無くなってしまって。

 

細川

ここはどこにいるの?みたいな状況にポーンと私と伊平さんがレッドカーペットのところに。

 

細川

どうもすいません。私あの、、、

 

細川

生まれて初めて足が震えました。

 

鈴木

そして鳩が飛んでいます。

 

ーナレーションー

鈴木敏夫ジブリ汗まみれ。

 

今週は、ベニス汗まみれ。

 

ポニョとともに第65回ベネチア国際映画祭を訪れた鈴木さんとジブリスタッフたちの、ちょっと汗まみれな舞台裏をお伝えしたいと思います。

 

鈴木

良い写真がいっぱい撮れました。これは後で送りますから、ぜひホームページに。

 

ーナレーションー

この番組は、ウォルト・ディズニー・ホームエンターテインメント、読売新聞、「Dream Skyward」JAL、「街のホットステーション」ローソン、アサヒ飲料の提供でお送りします。

続きを読む

鈴木さんの半自叙伝的読書録である『読書道楽』についてのインタビュー(後編) インタビュアー:金志尚さん

2023年1月22日放送の「鈴木敏夫ジブリ汗まみれ」です。

https://podcasts.tfm.co.jp/podcasts/tokyo/rg/suzuki_vol771.mp3

 

本を選ぶ時って、先ほど人から薦められたものは面白くないっていうお話があったんですけど、どういう風に選ばれてますか?

 

鈴木

人から薦められても面白いものは面白い。自分で匂いを嗅いで面白かったら読んじゃいますけどね。それこそ宮本常一の『忘れられた日本人』なんて、高畑・宮崎の二人から薦められたんで。読んでみたら本当に面白かった。読む基準は、自分がその時に何に興味あるかですよね。レヴィ・ストロースっていう人のことをこの中でも触れましたけど、僕らが大学に入った頃って、実存主義が大流行りなんですよ。最後の方だけれど。サルトルとかボーヴォワール。あとはカミュ。なんか一つピンと来なかったんですよ。ピンと来ない時に突如、レヴィ・ストロースサルトルが論争。そしてサルトルが負けちゃうわけですよ。これはレヴィ・ストロースに興味持ちましたよね。結局、その影響を僕は受けましたね。人類学の先生なんだけど、ある種、民俗学も入ってくるんですよ。

 

ーナレーションー

 

鈴木敏夫ジブリ汗まみれ。

 

「読む。生きるために、読む。」

 

今週は先週に引き続き、毎日新聞のデジタル版で1/7に紹介された鈴木さんの半自伝的読書録である『読書道楽』についてのインタビューの模様をお送りします。

 

インタビュアーは、毎日新聞社デジタル報道センターの金志尚さんです。

続きを読む